10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチの子Bツバメ家族のその後

ツバメの家族新

写真は8月10日に撮影したもの、ウチの子B家族である。

本当は4羽生まれていたのに、私らが旅行に行っている間にいなくなってしまっていた。

巣から落ちて、猫かカラスにでもやられてしまったのか…

とても残念だったが、残るこの3羽は先だって元気よく旅立っていった。

おばあちゃんが人から聞いた話だが、弱い子がいたら、親ツバメがわざと巣から落とすというのだ。

弱ければ、はるか遠くの南の島へ行けないからだそうだが、果たして本当なのだろうか。

私としては、親はそんなことしないと信じたい。

ツバメは1日に1個ずつ、卵を産むと言うのは絵本で知った。

4羽で考えると、一番先に生まれた子と最後に生まれた子には、3日間の成長の差が出る。

大体1か月ほどで飛べるくらいに成長するから、この3日間は大きい。

当然のことながら先に生まれた子の方がその分成長しているのだから、親からエサをもらうのも有利だろう。

エサ争いで、運悪く落ちてしまったと考えるべきなのかな…と思うのだが。

真実は分からない。

ただ、来年もまた来てくれて、今度は無事に全部のヒナが育つと良いなと願ってやまない。
スポンサーサイト

theme : ある日のできごと
genre : 育児

切ないですね

今まで巣から落ちてる子は、事故で落ちてると思っていました!
学校では落ちた子を先生か巣に戻してましたが、
もしも、おばあちゃんの話が正解なら
「おっ!戻って来たな♪」と
親つばめちゃんも見直したことでしょう(^^)
来年も又来てくれるのが楽しみですね。

Re: 切ないですね

私も事故と思いたいのですが…。
真実は分かりませんが、自然の世界は厳しいのかもしれませんね。
うちで育った全部の子が無事に南国へ帰ることができ、来年また戻ってきてくれるのを願うばかりです。

ところで、鈴クンは公文や学校は順調ですか?
水泳は得意ですか?
うちはようやく25m泳げるようになったと言って喜んでいます。
来週、プール参観があるので、本当かどうか分かりますね。
50m泳げる子も、けっこう多いらしいです。
良かったらまた近況を聞かせてくださいな。(^^)

こんばんは

ツバメ悲喜交々なんですね。

> 弱い子がいたら、親ツバメがわざと巣から落とすというのだ。

= 自然界は厳しいのですね。
ここから人間は何かを学べると思うのですが、
何を学んでいいのやら(笑)

ツバメの成長を見守れる環境、
羨ましいです♪


Re: こんばんは

パンとぶどう酒さま♪

そうなんです。
3羽の成長と旅立ちは嬉しいのですが、残りの1羽もまだ産毛状態の頭を見ていたものですから、突然いなくなってしまうと、何とも悲しいものです。

> = 自然界は厳しいのですね。
> ここから人間は何かを学べると思うのですが、
> 何を学んでいいのやら(笑)

獅子は谷底へわが子を突き落とし、這い上がってくる子だけ育てるという昔話がありましたが、そういうものなのでしょうかね。
どの動物でも弱いものは強いものにエサにされてしまいますし、自然の掟なのかもしれません。

うちの巣ではなくて、商店街の一角にあったツバメを狙いに来たカラスを偶然に目撃し、追っ払ったことがあります。
良いことをしたと思っていましたが、後日、これまた偶然にカラスの巣をみかけ、エサを欲しがる子ガラスも見てしまいました。
どの動物も子を守るために必死なんですよね。
ツバメの子にとっては良いことをしたつもりでも、カラスの子にとっては悪いことをしてしまったわけで。
何ともフクザツな気分でした。
Secret

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。