10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み聞かせた絵本&童話・その6

ここ最近、読み聞かせた絵本と童話を紹介します。

モモちゃんとアカネちゃん

ちいさいモモちゃんシリーズ第三作目。
アカネちゃんという妹もでき、モモちゃんも一年生となる。
二作目「モモちゃんとプー」までは、幸せな4人と一匹家族だと思っていたのが、この作品では、まったく話が変わってくる。
まず、パパの靴しか、帰ってこない日が続くようになる。ママは、それでも夕飯やお風呂の用意をして待っているのだけれども、帰ってくるのは靴だけ。このとき、夫婦の間に何か亀裂でも入ったのかな・・・と大人の私は気が付く。そしてママの元に死に神がやってくるのだ。
ママは自分が死んでしまったら、二人の娘はどうなってしまうのか・・と不安になり、森のおばあさんに会いに行く決心をする。
そして話し合いの末、パパは一人残り、ママとモモちゃんとアカネちゃんは、新しいお家にお引っ越しする事になる。つまり離婚するわけだが、ここまでの経緯の表現方法が、う~ん、なるほど・・と感心するほど、上手に描かれている。
あやかには、まだ理解できない部分もあるけれど、今後、何度か読み返すうちに、少しずつ理解できてくるだろうと思う。

きいろいばけつ

ブロガーのお友達minorunさん、オススメの一冊。
ある月曜日、きつねのこが、まるきばしのたもとで、きいろいバケツを見つける。「誰のだろう?」名前も書いていない。さっそく、お友達のうさぎの子と、くまの子に聞いてみるけれど、持ち主が見つからない。きつねのこは、友達と相談して、一週間たって持ち主が見つからなかったら、もういらないって事だから、自分がもらうことに決めた。
そして、火曜日、水曜日と、毎日バケツの元に出かけては一緒に過ごす。きいろいバケツによせる、可愛いきつねの子の思いが、ひしひしと伝わってくるような暖かい作品。
イラストも優しい風合いで、ほのぼのとしていて素晴らしいです♪

ふしぎなたけのこ

公文の教材に出てきた作品。
公文では話が途中で終わっていたので、続きがどうなるのか知りたくて購入してみた。
やまのおくに住む、たろが主人公。
この村では、山の奥深くにあるので魚もこんぶもない。ごちそうと言えば、「たけのこ」である。
「今夜は、お前の誕生日だから、たけのこをとってきておくれ」と母さんに言われ、たろは、たけのこをとりにいく。上着を脱いで、とろうとしたとたん、上着を掛けたたけのこが、急にのびる。
たろは慌てて、上着を取ろうとたけのこにしがみつくが、そのたけのこは、どんどんどんどん大きくなっていく。ラストのオチが素晴らしい!

おしいれのぼうけん

さくらほいくえんには、怖いものがふたつある。
ひとつは押入で、ひとつは人形劇に出てくる、ねずみばあさん。
先生のいうことを聞かない悪い子は、このまっくらな押入に閉じこめられてしまうのだ。「ごめんなさい」を言うまでは出してもらえない。
ある日のお昼寝の時間。
さとしとあきらが、車のおもちゃをとりっこして、暴れ出す。
怒ったみずの先生は、二人をそれぞれ、上の段と下の段に分けて押入に閉じこめてしまう。
すると押入の中はいつの間にか、夜の山と夜の海になり、ねずみばあさんも登場して、二人は力を合わせて逃げていく・・・。ハラハラドキドキするような作品。

へんないぬパンジー

学校からの帰り道、ノリくんは、変な犬と出会う。
ノリくんが蹴った空き缶を、蹴り返してノリくんに当てたり、前足を使って、あっかんべーをしたりするのだ。そんな犬、見たことも聞いたこともない。「あっちにいけ!」と追い払っても、その犬は後をついてくる。「ぞくぞく村シリーズ」「きょうりゅうほねほねくんシリーズ」でお馴染みの、末吉さんならではの楽しい作品。

かいじゅうぼうやも一年生


こんがり村に住む、小さな怪獣ぼうや、むくお君の愉快なお話。
6話に分かれて描かれている。
保育園年長さんや、小学1年生が読むのには、とても楽しい作品だと思う。「ぞくぞく村シリーズ」「きょうりゅうほねほねくんシリーズ」でお馴染みの、末吉さんならではの楽しい作品。

世界一おじょーひんなチリチリ姫


むかしむかし、ヒイズルトコロという国に、十二単を着たチリチリ頭で、チョー元気なお姫様が住んでいた。このチリチリ姫が主人公の愉快なお話。
「ぞくぞく村シリーズ」「きょうりゅうほねほねくんシリーズ」でお馴染みの、末吉さんならではの楽しい作品。
スポンサーサイト

theme : 絵本
genre : 育児

『ふしぎなたけのこ』懐かしいです。
私が小学校で始めて借りて読んだのが『ふしぎなたけのこ』でした。
何が気に入って借りたのかよく憶えていませんが、本を借りてきたという行為そのものが嬉しくって何度も何度も読んで暗記してしまったほど。(もちろん、今では内容だけで文章までは憶えてませんが・・・)

SAKURAさま。

そうでしたか~♪
子どもの頃に親しんだ絵本って、けっこう忘れられないものですよね。
この絵本は、あやかも気に入ってまして、私が家事で忙しい時とかも一人で読んでいたりしてます。
「(省略)そのたけのこが ぐぐぐっとのびた。「おっ!」たろはあわてて うわぎをとろうとした。たけのこに とびついた。たけのこは また、ぐぐぐっとのびた。たろが のぼる。たけのこが のびる。 たろが のぼる。たけのこが のびる。(省略)」
こんな感じの、テンポが良くリズミカルな文章が、気に入っているようです。
私はと言うと「ぐりとぐら」「うさこちゃん」が、子どもの頃は大好きでした。
うさこちゃんは、いつの間にかミッフィーという名前に変わってしまいましたが、私の中では「うさこちゃん」のままです。(笑)

初めまして。

初めまして。
日本ブログ村からお邪魔させて頂きました。
子育てしながらまず親の心の成長でしょうと最近思うようになりました。子供と接する親の心に余裕がなければ・・・。そんな事を日々思いながら厳しくも笑いあふれる躾けを目指しております。
読み聞かせも眠い目を擦り、疲れた体に鞭打ちながら実行しております。
また遊びに来たいと思います。

みさりん777さま。
初めまして。
ご訪問&コメントありがとうございます♪
確かに親の心に余裕がないと、楽しく子育てなんかできませんよね。同感です!
只今、仕事におわれてまして、更新が滞っておりますが、地道に書いていきたいと思います。良かったら、また遊びにきてくださいね。私も落ち着いたら、遊びに伺いますね!
Secret

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。