06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本の読み聞かせの効果は?

先日、公文のお便りに「読み聞かせ」についての話が掲載されていた。
以下が、その抜粋である。

『読み聞かせの効果が、科学的に検証された』
「読み聞かせ」を聞いている、子どもの脳では、言葉を受け持つ左脳とともに、動物では天敵から逃げる(危険を回避する)時に働く、辺縁(へんえん)というところが、活発に働くようになる。
ここは、本能的な喜怒哀楽をつかさどる部分であり、「心の脳」とも呼ばれる部分なのだそうだ。
この部分に良い刺激をあたえれば、的確な判断力と豊かな感情が養われる・・・という効果があるのだそう。
幼児をもつお母さんには、記録がおすすめだそうだ。
読んだ本や、その時のお子さんの様子をメモしておくと、客観的に見守ることが、出来るようになるとのことだ。

そうか~、じゃあ、なるべく毎日、その夜、読んであげた本を、日記に書きとめておくのも一つの手だわね。仕事忙しいと、なまけちゃうそうだけど。(苦笑)

夜、寝る前の「読み聞かせ」は、2歳当時から1日もかかさず行っているけれど、やはり6歳近くなってくると、その話の感想が、多く聞けるようになってきた。
以前は「どうだった?」と聞くと「面白かった」とか「楽しかった」ぐらいだったのが、どういうところが良かったとか、主人公が、どうして、こう言ったのかとか、色々と出てくるようになった。

また悲しいお話を聞くと、ボロボロ泣くようにもなった。
ここ最近、あやか姫が号泣したのは、以下の3作品↓。

フランダースの犬


あなたをずっとずっとあいしてる


かわいそうなぞう


「フランダースの犬」は、最初、借りてきたDVDを見て号泣。
その後、この絵本が欲しいと言うので、買ってあげたら、またもや号泣。
「あなたをずっとあいしてる」は、4歳になったくらいに買ってあげた本で、最初は、私が読んで泣いてしまった絵本。当初、あやか姫はというと、とりたてて感情を表さなかったが、最近になって、また読んであげたら、号泣していた。
「かわいそうなぞう」は、先日、図書館に置いてあった大型絵本を読んで、二人して号泣した本である。(図書館で泣くなって!)
上野動物園で、こんな実話があったなんて知らなかった。
今度、上野動物園に行く機会があったなら、慰霊碑に手を合わせてきたい・・・そんな思いにかられた話だった。

絵本の読み聞かせは、あやか姫だけでなく、私の心まで豊かにしてくれる気がする。
まあ、そうそう何冊も買えないので、せいぜい、図書館へ通うことにしよう♪
スポンサーサイト

theme : 早期教育・幼児教育
genre : 育児

お知らせと・・・

お知らせ

ブログのお引っ越しをしました。
新しいアドレスはこちらです。

http://ontheshoebox.blog50.fc2.com/

ブックマーク等いただいておりましたら、お手数をおかけしますが、変更をお願いします。

これからもよろしくお願いします。

と、お知らせはここまで。。。
読み聞かせってホントに大事だと思う。
あまりしてあげられなかったけど…。
うちの子たちは絵本を見ながら横道にそれていくオリジナルのお話が好きだったなぁ。
かわいそうな象って太平洋戦争の時の上野動物園のゾウのお話でしょうか?

SAKURAさま。

お引っ越しの件、了解しました~♪
さっそくリンク変更しました。同じFC2ですね~。嬉しいです♪
実は、以前のだと、私のマシンが古いせいか、コメントがうまく書き込めなかったりして、もうひとつ持っているウインドウズマシンにつなげてから、書いたりしてたんです~。これからは、大丈夫♪

『かわいそうなぞう』の話ですが、戦争中の実話で、ライオンとか象とか、もし檻が爆撃で壊れ、逃げ出してしまったら大変な動物を、全部殺さなければならなかった。
でも、ぞうは、頭が良いから、毒入りのエサは食べない。
注射は、針が曲がってしまって出来ない。
そこで、仕方なく、エサも水も与えず、飢え死にさせるしか方法がなかった。
日に日に弱っていきながらも、ぞうは、像係の人がくると、懸命に曲芸をしてみせるのです。エサがもらえると思うからです。
最後、ぞうが息絶えて、動物園のみんなが取り囲み、泣きながら「せんそうを止めてくれえ~」と叫ぶシーンでは、ホント泣けました。

はやしっちさん、こんばんは。

読み聞かせの効果が証明されたんですね!

絵本だけは、私が楽しくて読んでますが、まだ悲しい本を読んでも、わかってないみたいです。

あやか姫ちゃんは、心も成長してるんですね~。

「あなたをずっとあいしてる」シリーズは切ないお話ですよねぇ。

最初表紙だけみると、恐竜の絵だから、私が興味なくて、幼稚園の読み聞かせのときに、男の子に「読んで」といわれ、読んでみたら、いい話だ~、うちの娘にも読んであげよう!って思って、まだ読んでなかったのを思い出しました。

はやしっちさん、思い出させてくれてありがとう♪

早速図書館で借りてきま~す。


こんにちは、わたわたさん。
コメントありがとうございます♪
親が楽しく読むのが、一番だと思いますよ。親の気持ちって、子どもに伝わるものですしね~♪

わたわたさんは、いつも読んだ本を日記に書き留めておいていますよね。
えらい!
私も見習わなきゃ~と思いつつ、ついつい忘れちゃいますです。(苦笑)

そうそう、私も最初は「あなたをずっとずっとあいしてる」、表紙のイラストとタイトルが、あまりにアンバランスなもので、興味をひかれて買ってみたんですが、こんなに良い話だとは思いませんでした。
ぜひ、読んで下さ~い♪
Secret

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。