10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字の「訓読み」と「音読み」の由来について

さて、前回、説明に困っていた「訓読み」と「音読み」について、山ちゃん先生に質問をさせて頂いた。山ちゃん先生は、現役の小学校の先生で、メインサイト知育あそび&子育てわあるどの相互リンクで知り合った方。
山ちゃん先生のホームページというサイトを運営中です。)
とても丁寧に質問に答えてくださるので助かっている。
以下が、その説明。

『むかし、むかし、日本には文字というものがありませんでした。
でも、「やま」とか「かわ」という言葉はあって、今のみんなと同じように、おしゃべりはできました。

中国という国には文字がありました。
「山」は「サン」と読むようです。どうやら日本語では「やま」の意味です。
こうして中国の読み方(音読み)に、前からあった日本の読み方を付け加えました。
これが訓読みです。
訓読みというのは、古代日本人が苦心の末にたどり着いたかなりの荒技だったようです。

もし、中国語よりも先に英語に出会っていたのなら、catを「ねこ」と訓読みすることになったかもしれません。

こうして様々な読みが出来てしまったわけです。
中国では、漢字1つに対して、1つの読みしかないそうです。中国の小学生は漢字を3000字習うそうですが、読みは3000しかないのです。

日本では、漢字1つに対して、平均3つくらいの読みがあるのではないでしょうか。1~6年までで1006字×3=約3000。いい勝負でしょうか。
とにかく音訓を覚えるのは大変な事だと思います。』

なるほどね~。
普段、何気なく使っている言葉であるけれど、キチンとした由来があるわけだ。

それと、小学校の1年生で司会をまかされた子が、帰りの会の時に「がかり から 何か ありませんか?」と言ったことがあるとか。
「いきものがかり」「くばりがかり」「おてつだいがかり」となるので、「かかり」でなく「がかり」だと思っていたようだとのこと。

言われてみれば、確かにそうだよね。
「係」の場合は、名詞が上につくことが多くて、「かかり」より「がかり」と発音する機会が多いわけだから、間違えるのもムリはないと思う。

「せんたくき」と書くのに「せんたっき」と発音するのは、その方が便宜だからという説もあるから、それと似たような感じなのかな~?

う~ん、恐るべし「日本語」
あやかと共に、一から勉強していかなきゃねえ~。
スポンサーサイト

theme : 早期教育・幼児教育
genre : 育児

大人になってしまうと何ということはないことが子どもにとっては大きな疑問なんですよね。

高校に行っている娘が、弟に「中国はね音読みだけなんだよ」と、漢文の時間に習ってきた事を語っていました。
だから漢文を日本語として読むにはレ点とか返り点が必要になるんだと…。
音・訓読みもですが、平仮名・片仮名、尊敬語、謙譲語・・・日本語はホント難しいですね。
別の言い方をするなら・・・奥が深いのですね。

SAKURAさま。

本当に改めて考えてみると、奥が深いです。
覚えていくものが盛りだくさん!ですよね。
漢文!なつかしいなあ~。
高校で習ったのを記憶しています。どちらかというと苦手でしたが・・。(苦笑)

最近では、新聞や絵本で、自分が習っていない漢字を見つけると、「これ、何て読む?いつ習う?小学生になったら習う?」と聞いてきます。
子どもって、みんな、こんなに質問魔なんでしょうか~?
まあ、おかげで、私のボケ防止にはなってますが。(爆!)
Secret

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。