10
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいちゃんの気持ち

ここ最近、学校の国語の授業では「ちいちゃんのかげおくり」をやっている。
先日は感想文も書いたらしく、クラス内で一番早く書き上げたんだと自慢してた。まあ1年から書いてるし、家では遊びの一環として物語なんかも良く書いてるし。文章を書くのは大好きなんだよね。(^^)

さて昨夜のことだが、一緒にお風呂に入っているとき、唐突にあやかが質問してきた。

「ママ、ちいちゃんは最後、幸せだったと思う?」

ちいちゃんのかげおくりは、学校で習う前から絵本を一緒に読んでいるから私も内容は良く知っている。

いきなりで戸惑ってしまった私は、逆に「あやかはどう思うの?」と聞き返してみた。

そうしたら「幸せじゃなかったと思う」と言う。

その答えには少々驚かされた。
てっきり最後はお父さんやお母さんと一緒になれて良かったと言うと思ったのだ。そしてそれは私の気持ちでもあったし。

ところが、あやかはこう言った。

「だって、その場でお父さんたちを待たずに、おばちゃんについて行ったら、生きのびれて死なずに済んだかもしれない。そして大人になって良い未来を歩けたかもしれないから、だから幸せだったとは言えないと思う。」

その時に私の頭に浮かんだのは、エリカ奇跡のいのちという絵本だった。

ユダヤ人が毒ガス収容所行きの列車に乗せられたとき、エリカの両親は列車から赤ちゃんを放り出した。
奇跡的に助かったエリカは良い人に拾われ大切に育てられ、自身もたくさんの家族を持ちおばあさんになるまで生きられたのだ。

そこで私は「そうだね、あのエリカのように生きられたかもしれないね。」と答えた。
それから一つ質問をした。
「じゃあ、もしあやちゃんが、ちいちゃんと同じ立場だったら。ママもおばあちゃんもいなくなって一人ぼっちになったらどうするの?」と。
あやかは迷わずに言い切った。
「私は、おばちゃんについていって助けてもらう。そして未来に向かって生きてく。」

その言葉はいささか寂しくもあり、同時に頼もしくもあった。

体だけじゃなくて、心も考え方も成長しているんだなあ…。いつまでも手の中にいる子供じゃないんだよね。

私の方が子離れに苦労しそうだよ。(汗)

スポンサーサイト

theme : 小学生の子育て♪
genre : 育児

読み聞かせで算数クイズ

2学期の読み聞かせは、2週連続で3年生を受け持った。
一つは、あやかのクラスで、もう一つは元担任の先生のクラス。
実は、私の中でひとつアイディアがあって、先生に事前にやってもよいかと相談したところ、ぜひやってくださいと快諾してもらっていたので実行に移したってわけだ。

そのアイディアというのは、読み聞かせで算数クイズを出すということ。

以前、5年生のクラスで読んだ「【送料無料】1つぶのおこめ」を使ってね。(^^)

(この本は私自身気に入ったので購入しちゃいました。)

まずは普通に読み聞かせ。
やはり30日目のページを開くと「おお~!」という歓声があがる。

読み終わった直後に

「ハイ、ここで算数クイズ~!」
「ラーニは、1日目に1つぶ、2日目には2つぶというように倍のかず分お米をもらい、30日目には5億つぶ以上のおこめをもらったよね。
じゃあ、1日目から30日目までにもらったおこめをぜーんぶ足すと、いくつになるか?ってのが問題だよ。」
と言って私特製の問題用紙を見せた。

そして
「答えはこの中!先生に渡しとくね」と、ごほうびのキャンディと答えの書いた用紙が入った小さな袋を、わざと振って音をたてながら先生に渡した。
子供たちは、
「何か入ってる!」「おこめかな?」と興味シンシン♪

後は先生にまかせて教室を出た。

あやかに聞いたら、あの後大盛り上がりで、休み時間にやったり家でやったりして全員が次の日までに計算してきたそうだ。
中には計算機を使った子もいたらしい。

私としては、どんな方法を使ってもかまわないし、例え答えが間違っていても、全員がチャレンジしてくれたってだけで満足♪

先生からも「楽しい企画をありがとうございました。」とお礼をいただいた。

お礼を言いたいのは私の方。プチ先生になった気分だったしね。
読み聞かせは、ホント楽しくてやめられましぇ~ん♪

theme : 小学生の子育て♪
genre : 育児

紙芝居屋さんは大成功♪

先日、小学校で「おまつり」が開催された。
前日の準備までは怪しいながらも何とかもったのに、当日の天気は無情にも朝から雨…。

準備の後に校庭にシートを敷いて、自転車に乗っけてシュミレーションまでしたのになあ~。ガッカリ。

しかーし、落ち込んでいても始まらない。
図書館にて準備をして朝からポスターをはりまくり、部員二人にはプラカードを持って校内中宣伝に走ってもらった。
後はお客を待つばかり。

子供たちは、時間10分前ごろからぞくぞくと集まってきてくれた。

おお、やったー!と心の中で叫ぶ。

幸い転じて福となすと言うが、雨天のため図書館近くの教室が臨時休憩所となり、そのかいもあってか人が流れてきて満員御礼状態。

さて、ドキドキしながらも10時きっかりに開始。

司会はもちろん私である。
司会業をしながら拍子木をもたたき、トップバッターで参加型紙芝居を演じた。(^^)

続いて「ないたあかおに」「ぼろぼろじまのたからもの」「じごくけんぶつ」。
読み手が変わる次々と楽しさもあってか、途中退席せずにずっと聞き入ってくれた子供たちも多かった。

さて、途中で困ったことがひとつ発生した。
順調に進み過ぎて時間が余りすぎるのだ。
校庭でやる場合1話ごとに自転車を移動する予定だったから1話に対し15分ぐらいを取っておいたのだが、移動時間が短縮された分時間が余ってしまったのだ。

もちろん事前に対策は考えておいた。
それは、立場を逆転して見てくれている子の中で演じてみたいという子に紙芝居をやらせるということ。

目立ちたがりのあやかは、前から自分も読みたいと言ってたし。(このへんはぬかりない)
そのために3冊ほど子供でも読めるような園児向けの紙芝居を用意しておいたのだ。

「じごくけんぶつ」が終わった後、「ハイ、じゃあここで一つ趣向を変えてみます。この中で自分も紙芝居やってみたいって子、いるかな~?いたら手をあげてみて!」と問いかけてみた。
すると示し合わせたように、あやかが手をあげる。
そして元々演じたいと言っていた「なにしてるの?」を堂々と演じきった。

あやかが終わり「ハイじゃあ他にいるかな~?」と聞いてみたら、今度は小学生1年生の男の子が!
指でたどりながらも「みんなでポン」を読んでくれた。(^^)
それからラストに小学生6年生の男の子も参加。さすが6年生、しっかりと演じきってくれました。

最後は「ないたあかおに」を演じた部員が持ってきた「ばけくらべ」を演じて、ちょうど時間となりました。

校庭で行う場合は見に来た子にペコちゃんキャンデイーを配り、なめながら見てもらう予定となっていた。
でも図書館は飲食禁止。
なので帰り際に渡すようにしていたのだが、用意していた110本は殆どなくなっていた。

元親子部員にも「例年の5~6倍はいたよ~。すごいじゃん」と褒めてもらい、私としては大満足。

まあ、自転車での演出ができなかったのが心残りではあるけどね。(笑)

とりあえず役員としての一つの山が終わった。

ただ、まだまだ親子文庫部員の活動は3月まで続くから頑張らなくっちゃ♪

theme : 小学生ママの日記
genre : 育児

読み聞かせ隊!紙芝居屋さん

うちの小学校では、年に1回「おまつり」がある。
文化祭に似たようなものだけど吹奏楽の発表とかに加え、保護者(役員)が縁日をやったりと色んな出し物をだして子供が楽しめる内容となっている。

例年ウチの親子文庫部では図書館で、大型絵本の読み聞かせをやっていた。

でも今年は何か趣向を変えたものをやりたいな~と思い「紙芝居屋さん」をやることに決定。

しかも校庭で。(まあ雨が降っちゃったら図書館でやることになるけどね。)

時間は1時間なので4ペアが一話ずつ演じることにし、その紙芝居を選ぶのは読み手役におまかせとした。

むろん、言い出しっぺの私も読み手役である。

さてさて、どんなものが良いかな~?と思案にくれ、ネッ友であるたれれんちゃまに相談。

優しいたれれんさんは、自身のブログで色々と紹介してくれました。ありがとう~♪

それをメモって図書館に行き、読んでみて絞ったのは以下の四冊。

まんまるまんまたんたかたん


でてこいこい


いたずらにんじゃをつかまえろ


ネコロンボのかつやく


他の役員はおそらく昔話に的を絞ってくるだろうとふんで、参加型のものを選んだのだ♪

先週、学校に集まって紙芝居の練習や順番決めをした。
他の3名が持ってきたのは、「ないたあかおに」「ぼろぼろじまのたからもの」「じごくけんぶつ」。

心にほろりとくる日本昔話、笑える日本昔話、楽しい外国の昔話、そして私の参加型紙芝居。

内容的にバラエティーに富んでいてバッチリって感じだー。(^^)

(みんなの前で読んでみて私が演じるのは「まんまるまんまたんたかたん」に決定~!)

頑張って楽しいひと時にしたいと思います♪

後、心配なのは当日のお天気…、どうか雨が降りませんように…。

theme : 小学生ママの日記
genre : 育児

ランドセル3年生始めました♪

ある日、あやかが唐突に「ランドセル3年生が欲しい」と言い出した。
なんのこっちゃ?と詳しく聞いたら、どうやらパソコンソフトのことらしい。
月に1~2回パソコンの授業があるのだけど、その時に使っているとか。

特に最近はローマ字を勉強中なので、パソコンの早打ちゲームで競い合ってるという話。

で、検索してたら出てきた。

★送料無料★【送料無料】がくげい ランドセル小学3年 新学習指導要領対応版 [GMCD-011S]【在庫...

ほーほー、これか。
まあまあ、そんな手の届かないお値段ではないし買うのは良いのだが…

問題はパソコンだ。
私のiMacは、OSが低すぎてトーゼン使えないし。
(改めてよくもまあこう長い間使いこなしていたものだと感じるわ。でも、まだ現役で動けるのよー。今のソフトに対応できないだけで)
かといって私の今のマシンに入れたら、仕事に差し支えます。(汗)


とりあえず、家電のお店3件回ってみた。
なんのソフトも付かないけど、OSがセブンのもので最低価格3万円。
ちょっと良いなと感じたものは5万円。
うーん、初めてのパソコンにしてはさー、高過ぎかも。。

そこで、今度はネットで中古を探してみた。
OSがXP以下であれば、5000円~1万円ぐらいでも手に入る。
それで買おうかと思ってる矢先、私の兄にこう言われた。

「XPなんてもうじきサポート終了だから安くなってるだけだぞー。それならオレのお古をくれてやる。」

で試しに本日届いた「ランドセル」を、兄貴のお古ノートパソコンに落としてみたら、何の問題もなくサクサク動作。

買わなくてヨカッター!これにて一件落着。(^^)

「ちょー楽しい~」と大喜びで使ってます。


theme : 勉強・習い事~☆
genre : 育児

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。