09
1
2
3
4
5
7
9
11
12
13
14
15
16
17
18
20
22
23
24
26
27
28
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動をありがとう!最後の運動会

金曜日は朝から雨。けっこうな、どしゃぶりだった。
大丈夫かな~?と思っていたら、午前中にはやんでくれたので、午後は園庭の遊具を片づけたり、水たまりに土をかけたり、準備のお手伝いをした。
明けて、ついに本番の27日土曜日。
朝6時30分過ぎに、あたふたと保育園に出かけ、最後の準備の手伝いをして、7時30分には、いったん自宅に戻り、お弁当を作った。こういう時、保育園が近いということは有りがたい。
おばあちゃんはというと、朝8時から結婚式お呼ばれのお客さんのため、着付けの予約が入っていたので、一緒の時間には行けない。早くても10時過ぎになるという。

9時集合だったから、取り急ぎ、私とあやか姫は一緒に歩いて保育園に向かった。おばあちゃんは、後から車でかけつけるという事にしたのだった。

秋晴れ・・というわけではないが、ときおり日差しがさす天気。風が冷たくて寒いけれど、雨はふらない予報だったので、無事に開幕とあいなった。

あやか姫は、入場行進も堂々たるもので、年長組の先頭をきって行進してきた。
最初の種目かけっこも、ぶっちぎりの一等賞!
ちょうど年長組役員は、かけっこ競技の担当だったから、あやかの首に一等賞のメダルをかけてあげられた。また、いとこにビデオ撮影をお願いしておいたので、バッチリその様子も記録にとれた♪
友達ママの何人かに「あやちゃん、足早いねえ~。」と誉められたのだが、「何でだろう?」と不思議で仕方がない。とにかく、はやしっち家では、みんなビリから数えた方が早かったし。。
私も大概は、4等かビリだった。誰に似たのかなあ~???

「パラバルーン」も「鼓笛隊」も、堂々たるもので、とてもりっぱに頑張っていた。
真剣な顔つきに、私までも力が入る。
中でも一番感動したのが、最後の種目だった「組み体操」である。
去年まではなかった種目で、今回保育園でも初めての挑戦だったのだ。だから当日見るまでは、どんな内容なのか、まったく想像がつかなかった。

小学校ではやる種目だけれど、まさか保育園児に、小学生高学年レベルのものが出来るわけないだろうし。自宅でも「元気出して~!元気出して~!がんばれ日本、イェイイェイイェイ♪」と歌ってみたり「世界にひ~とつだけの花~♪ひとりひとり、違うタネをもつ♪」と歌ってみたり、ちょっとワケわからないメロディを口ずさんでは、ラジオ体操でもやってるかのように、寝ころんで足をあげてみたりしてたので、ますます不可解だった。

やっと、そのベールがぬげた。
5種類の曲をつなげて、その曲に合わせての組み体操だったのだ。
まずは、一人で足をあげたり、前に転がるように回転したりする。続いて二人一組になって、一人が足を持ったり、三人一組になって扇の形になったり、六人でかたまって、花の形を作ったりと多種多彩。
ノリの良い曲と胸にしみいるような曲とが絡み合い、園児みんなの一生懸命な姿が、実にマッチして輝いていた。

あやか姫だけでなく、みんな、みんな、とっても良い顔をしていた。
ビデオ持つ手がふるえて、みるみる目頭が熱くなった。
最後は全員で一列に並び、肩を組んで「虹の架け橋」の形を作った。私は、泣くのをこらえるのに必死だったが、ここで、ついにガマンできずポロポロと涙がこぼれる。
すごいね、すごいね!
ここまで出来るんだ。 ここまで頑張ってたんだね。

ふと回りを見渡すと、年長組のママさん達は、みんな泣いている。
みんな同じ気持ちなんだ。言葉では言い表せないくらいの感動だったのだ。
感動を、ありがとう!
年長クラスみんなの頑張りをたたえ、惜しみない拍手を、ここにおくりたいと思います。

PS
写真は、いとこが撮ってくれたものです。(私はビデオしか撮れなかったので)
かけっこのビデオといい、写真といい、良い記念をありがとう~♪ 感謝!

保育園運動会写真

スポンサーサイト

theme : 保育園児日記
genre : 育児

大丈夫なのか?鼓笛隊メロディオン隊長

昨日は保育園の総練習&部品作りで、私も午前中から、ずっと保育園行きだった。さすがに、どっぷり疲れました。。
いよいよ明後日が本番だ。
担当が決まってから毎日、メロディオンを家に持ち帰ってはくるんだけど、毎日聞かされ続けると思いきや、殆ど練習せず。。
たまに、私の幼なじみや親戚のおばちゃんとかが来ると、得意になって披露してみせてるけどね。

反対にウンザリするほど毎日聞かされ、見させられているのは「ポニョ」の歌と踊りである。
でも、これは年少組の出し物なんすが・・・。(^д^;)

おい、隊長! ホント大丈夫なのか?

一抹の不安をかかえつつも、もうじき幕が開く・・・。
とりあえず、雨が降らないことを祈ろう。

theme : 保育園児日記
genre : 育児

運動会の旗拾い

20日の土曜日は、あやかが通うことになる小学校運動会の日だった。
前日まで台風直撃?なんて言ってたから、延期になるだろうと思っていたら、ビックリする程の快晴になって、暑いくらいだった。
出番は10時40分頃なのだけど、10時頃には行って、私は同じ保育園のママさん達とおしゃべり。
あやか姫はというと、クラスメイトがいれば、もう私のことは、アウトオブ眼中(かなり古いなあ~)なので、キャッキャッと走り回って大騒ぎ。

出番の時間には、とりあえずおとなしく整列して、無事に本番を終えた。
いよいよ来年から、ランドセルしょって、ここに通うことになるのねえ・・・。
小学校は、保育園よりも近いところにあるので、何か行事があっても歩いていける。駐車場の心配がいらないから、その点では便利だな。

さてさて27日は、保育園最後の運動会本番となる。
書き忘れていたけれど、鼓笛隊は、めでたく(?)ジャンケンで負けて、メロディオン担当となった。
メロディオンは、相当、人気がなかったようだ。(苦笑)
最初はメロディオン担当になりたいと言ってたくせに、ジャンケンで負けたことが悔しくて、決定した日には「ママが希望したバトン役には、なれなかった~!」と大泣きだった。

でも、その後、メロディオン担当の隊長を任命されて、ご満悦。
「隊長って何をするの?リーダーってこと?」と聞いたら、
「あのね、遊んでいる子がいたら、ちゃんと演奏してくださいとか、列を乱さないで行進してくださいとか、あやちゃんが注意するの。」と言う。
まあ、ようするに、お目付役というか・・・そんな役目ってことか?

もともと優等生気質の彼女だからね、そういうのは嬉しいんだろうな。(笑)

とにかく、親子共々体調をくずさずに、またお天気にもめぐまれて、無事終わることを祈るのみでありまする~。

theme : 保育園児日記
genre : 育児

読み聞かせた絵本&童話・その5

ここ最近、読み聞かせた絵本と童話を紹介します。
今回は、全て「ぞくぞく村のおばけ」シリーズ。これで14巻、ぜんぶ読破したことになる。
あやか姫の一番のお気に入りは、魔女のオバタンにつかえる4匹の使い魔たちである。
いつも巻末にある「ぞくぞく村だより」まで読むのだけど、そこには「ぞくぞく村におたよりください」と書いてある。全巻読み終わった後、早速4匹のつかい魔たちにお手紙を書くと言って、おえかきを始めた。
そこで昨日、私の手紙を添えて郵送しました。(ページの一番下に掲載♪)
返事を楽しみにして、待ってたらどうしよう~?
(私が返事かくか?)(^д^;)

ぞくぞく村のドラキュラのむすこ
「ぞくぞく村シリーズ」第六作目。
ドラキュラのむすこ、ニンニンが主人公の愉快な話。
ある日、ドラキュラがお見合いのために、泊まりがけで出かける事になった。
ニンニンは、ドラキュラが留守なのをいいことに、ちびっこおばけ達をお城に招待して「らんちきパーティー」を計画する。そこへ招かざるお客も登場して、大騒ぎ!
あやか姫は「やらないって約束した事やっちゃって、ニンニンは、いけない子だねえ~。」と言ってました。(笑)

ぞくぞく村の妖精レロレロ
「ぞくぞく村シリーズ」第七作目。
ぬるぬる池にすむ妖精レロレロのお話。
実は、彼女にはメロメロという妹がいた。以前は一緒に暮らしていたけれど、メロメロは風船男に恋をしてしまい、とりかえババに、足と風船リュックをもらって、風船男を追いかけて行ってしまった。
その妹が帰ってきたのだが・・・。
妖精レロレロの妹思いの優しさに、ジーンとくる内容でした。

ぞくぞく村のとうめい人間サムガリー
「ぞくぞく村シリーズ」第八作目。
とうめい人間サムガリーが、奥さんの誕生日プレゼントを探しに、ミイラのラムさんのお店に行く。ミイラのラムさんが勧めたのは、何と!宝のありかを示す地図。
船乗りフンジバッドの秘宝を手に入れるため、二人で意気揚々と出かけるが、そこへ魔女のオバタンも加わり、大騒動!

ぞくぞく村のがいこつガチャさん
「ぞくぞく村シリーズ」第九作目。
がいこつガチャさんは、夢見るロマンチストの詩人。
虹の橋をわたりながら、ステキな恋の詩を作った。ん~、これは、まさしく恋の予感???
隣に住んでいるゾンビのビショビショとの、やりとりが抜群に面白い作品。

ぞくぞく村の雪女ユキミダイフク
「ぞくぞく村シリーズ」第十作目。
雪女ユキミダイフクは、一年中、雪をかぶった、おけら山に住んでいる。
ユキミダイフクの家には、みごとな雪の彫刻がある庭園がある。
ある日、その庭園にあった、大きな雪のきょうりゅうが、いなくなってしまった。そのきょうりゅうの目には、サムガリーさん達にもらったダイアモンドが使ってあった。
あわてて、山から大きな体で転がりだし、探しに行くのだが、そこで見たものは・・・?
ユキミダイフクは、何故か関西弁をしゃべる。
関西弁を知らない、あやか姫は「なんで「あて」って言うの?」とか、盛んに質問しまくっておりました。(苦笑)

ぞくぞく村の雨ぼうずピッチャン
「ぞくぞく村シリーズ」第十一作目。
雨ぼうずピッチャンは、いたずらこぞう。
頭のアンテナを使って、雨雲くもすけを呼んでは、ぞくぞく村の住人にイタズラばかり。
怒ったちびっこおばけと魔女のオバタンは、相談して雨ぼうずピッチャンをこらしめることにした。
オバタン達の作戦に、まんまとひっかかってしまった雨ぼうずピッチャンは、元に戻してもらうため、イタズラした住人たちのバツをうけることに。

ぞくぞく村の魔女のオバタンの使い魔
「ぞくぞく村シリーズ」第十二作目。
魔女のオバタンには、4匹の使い魔が弟子入りしている。
太ったネコのアカトラ・こうもりのバッサリ・ひきがえるのイボイボ・とかげのペロリ。
どの子も、早く魔法が使えるようになりたくて、がんばって修行しているのだ。
そんなある日、小鬼のゴブリンから招待状が届く。七つ子たちの満1歳のバースデーパーティーのお誘いだった。しかし、何故なのか4匹には来たのに、魔女のオバタンには届かなかった。
それを知ったオバタンは、怒り狂い、仕返しをたくらんで・・・?
4匹の一生懸命な奮闘ぶりが、実にかわいい♪

ぞくぞく村のゾンビのビショビショ
「ぞくぞく村シリーズ」第十三作目。
ゾンビのビショビショは、とってもおしゃれで、おせっかいやきな女性。
今日もどろんこ風呂に入り、青カビパウダーをぬって、念入りなお化粧はかかさない。
隣に住んでいるガイコツガチャさんの世話をやくのだが、ガチャさんは、あまりの汚さ、臭さでめまいを起こすほどビショビショが苦手なのだ。
ところが、ある日、ガチャさんは、真っ白でステキな女性を見かけて一目惚れ。
あまりの綺麗さに、その女性が誰なのか分からず探し歩く。さて、その女性の正体は?

ぞくぞく村の怪鳥ホヤホヤ
「ぞくぞく村シリーズ」第十四作目。
とうめい人間サムガリーが、船乗りフンジバッドの秘宝探検に行ったとき、怪鳥トリドリのひなが誕生した。初めて見たのがサムガリーさんだったから、パパと思いこみ、ぞくぞく村にきてしまった。
名前は、ホヤホヤと命名。
ホヤホヤは、サムガリーさんのブティック仕事のお手伝いにはりきるのだけれど、途中で、雨ぼうずのピッチャンとぶつかり、ダイアモンドのネックレスをバラバラにして、なくしてしまったから、さあ大変!探し出すのに奮闘する物語。

ぞくぞく村おばけ童話イラスト01


保育園児おえかき

theme : 絵本
genre : 育児

ハロウィン用お菓子入れ紙コップ工作

本日メインサイト知育あそび&子育てわあるどに、ハロウィン用のお菓子入れの作り方をアップした。
(紙コップ使って!幼児向け紙コップあそびに掲載。)
また、トップページにハロウィン特集のページも掲載した。
特集ページについては、その行事が終わると消してしまうけど、他のページには掲載したままになっている。

このアイディアは、子育てサークルのママさんから去年11月に頂いたもの。
ちょうど、ハロウィンの時期は終わってしまっていたので、その時は、それをアレンジしてバレンタインデー用のチョコ入れにした。
今回、時期も近づいてきたので、ハロウィン用も作成したというわけ。

良かったら、作ってみてくださいね~♪

theme : 幼児のあそび
genre : 育児

初めての1日入学

今日は、小学校に1日入学があるというので行ってきた。
1日入学と言っても、午後2時から4時頃までで、1時30分頃に保育園に迎えに行き、いったん家に戻ってから、二人で歩いて小学校に行った。
小学校に行けるというので、ルンルン気分のあやか姫。

私はと言うと、友人の子の運動会を見に、校庭は何度か行ったけど、立て直しをしてからは、まだ校舎の中には入った事がなかったから、興味しんしんだった。
実は、私の母校でもあるのだが、十何年か前に立て直したので、当時から比べれば格段にきれい。
もちろん30年以上も前と比べれば、トイレも、ぼっちゃんトイレではないし、近代化されてるのは時代ってものだろうけど、少しあやか姫が羨ましい感じもした。

今回は、運動会の旗拾いの練習と、学校長の挨拶、それと年間計画の説明だった。旗拾いの練習が終わったあと、園児達は教室に入ってビデオを見ながら待ち、保護者は音楽室で、先生の挨拶や説明を聞いたのだ。来年4月の入学までに、後4回は行くことになっている。
小学校入学に関しても、まあ色々とあるもんなんだなあ~と思った。
私は、3月頃に1回ぐらい顔出して、そのまま入学~♪くらいにしか考えてなかったし。(笑)

保育園の役員仕事もさることながら、まあ、4月までは何かと忙しくなりそうだ。(溜息)

さて、小学校から帰ってきた後、あやか姫が何を始めたかというと・・・
「学校ごっこ」
私には夕飯の支度があって相手はしてもらえないので、おばあちゃんを生徒にして、マグネットボードに、今まで習った漢字を書いては、「ハイ、これは「もり」という漢字です。みなさん、分かりましたか~?分かった人は、手をあげてください。」とか何とか言っちゃって、すっかり先生きどりである。

また、夕飯のときに「ママ達が他の部屋に行ってたとき、ちゃんと教室でおとなしく座ってられたの?」と聞いたら、「あっちの机に座ったり、こっちの机に変えたりしてた子もいたけど、あやちゃんは、キチンと座っていたよ。だって、先生に失礼でしょ?」だって!

半年、飛び級してもらって、明日から小学校に通ってもいいんじゃないか???(爆!)

theme : 保育園児日記
genre : 育児

読み聞かせた絵本&童話・その4

ここ最近、読み聞かせた絵本と童話を紹介します。

モモちゃんとプー

「ちいさなモモちゃん」の2作目。
3歳半ころのモモちゃんが、小学校にあがる前くらいまでのお話が、17話に分かれて描かれている。
コウちゃんという仲良しの男の子ができ、またネコのプーも一緒になって、いろんな活躍をしていき、話の最後の方では、妹のアカネちゃんも産まれる。
小さかったモモちゃんも、お姉ちゃんになり、またネコのプーも、およめネコのジャムと出会うことになり、それぞれ成長をとげていく。
1作目同様、楽しんで読める作品でした♪

ぞくぞく村のミイラのラムさん

あやかの好きな「きょうりゅうほねほねくん」の著者、末吉さんの作品で、「ぞくぞく村シリーズ」第一作目である。
小学校中級向けとあるが、「ほねほねくん」もそうだけれど、漫画のようなイラスト満載の童話なので、6歳ぐらいでも十分楽しめると思う。
ぞくぞく村には、色んな変わった妖怪が住んでいる。入れ歯の吸血鬼や、ときどきブタになっちゃうオオカミ男、とっても寒がりな透明人間などなど・・。
1作目は、ミイラ男のラムさんが主人公。
太ってしまい、包帯が足りなくなってしまった最愛の奥さんのために、包帯を買いにいくラムさん。
ところが、途中でその包帯を置き忘れてしまったから、さあ大変!
ぞくぞく村中を探し歩くという話。ラストのオチも愉快でした。

ぞくぞく村の魔女のオバタン

「ぞくぞく村シリーズ」第二作目。
魔女のオバタンは、魔女のくせに、ほうきで空を飛べない。
毎日、お供を連れて練習するが、フラフラ飛行で、そこいら中に、ぶつかったりして、ぞくぞく村住人に迷惑をかけてばかり。どうして、飛べないのか・・・それは、オバタンの食生活のせいだった。
ラストのオチは?・・・もうお解りですね♪

ぞくぞく村のちびっこおばけグー・スー・ピー

「ぞくぞく村シリーズ」第三作目。
ちびっこおばけグー・スー・ピーは、おしゃれなおじいさんおばけの孫娘たち。
ある日、おじいさんおばけが、大事な大事な結婚指輪をなくしてしまった。
そこで3人のちびっこおばけが、奮闘して探し出すというストーリー。
魔女のオバタンの占いは、当たります♪

ぞくぞく村の小鬼のゴブリン

「ぞくぞく村シリーズ」第四作目。
小鬼のゴブリンに家では、七つ子が産まれた。
それぞれ、とっても個性豊かな七つ子たちに振り回されて、ヘトヘトになったゴブリンさんと奥さんは、ベビーシッターを雇うことに。
ところが、やってきたベビーシッターは、どこか変???
最後には、とっても頼もしいベビーシッターが出来て、めでたし、めでたし♪

ぞくぞく村のおおかみ男

「ぞくぞく村シリーズ」第五作目。
オオカミ男の普段の姿は、ちくちく先生と言う、歯医者さん。
満月の夜になると変身しちゃうのだけど、ときどき、オオカミでなくてブタ男になってしまう。
どうしてブタになっちゃうのか???
親友であるミイラのラムさんと、大いに悩んで、魔女のオバタンに占ってもらうことにした。
これは、四作目を読んでおくと、大いに納得するオチでした。

theme : 絵本
genre : 育児

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。