08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
25
26
28
29
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会の練習開始

そろそろ保育園の方では、運動会にむけての色んな練習が始まったようだ。
パラバルーンや組み体操、鼓笛隊の演奏披露まである。当然のことながら、年長組は一番出し物が多い。
昨日は、帰りに「メロディオン」を持ち帰ってきた。何でも月曜日までに、弾けるようにならなきゃいけないらしい。まだ何の楽器の担当なのか決まってはいないけど、月曜日に「くじ引き」をして決めるのだそうだ。

鼓笛隊演奏の曲目は「せいじゃのこうしん」
「ドミファソ~、ドミファソ~、ドミファソミドミレ~♪」という曲で、「ドレミファソ」までの5音しか使わないけれど、先生手書きの楽譜には、「おとうさん・おかあさん・おねえさん・おにいさん・あかちゃん」と指の指示まで書いてあった。
ちいちゃい手と指のあやかには、けっこう大変そうである。

実のところ、あやかは、お下がりでもらった電子ピアノがあるので、「ちょうちょ」「チューリップ」「ゆうやけこやけ」「ひげじいさん」などの童謡は、10曲ぐらいなら弾けるのだ。
ピアノを習っているわけではないので、当然、音符など読めないのだが、私がカタカナで曲のメロディを、紙に書いてやったら、あっという間に覚えた。
音感は良いのだが、指使いなど、もちろんデタラメ。
私も小学生の頃、何年か習ったので「鯉のぼりは、どうひくの?」と聞かれれば、メロディぐらいなら、書き出してあげられる。
その時、指使いを教えたのだが、「いいの!これでも!」と言うことを聞かなかった。
先生の言うことは絶対だから、今回は、指使いに四苦八苦しながらも、がんばっているのである。
最初から私の言うこと、きいときゃ良かったのにねえ~。(苦笑)

本人は「メロディオン」担当になりたいらしいが、私としては、「バトントワラー」役になってほしいと密かに思っている。
「バトントワラー」役は、一番先頭に立つ、いわば指揮者みたいなもんだけど、これから1ヶ月「せいじゃのこうしん」を聞かされ続けることを考えると、そっちの方がいいな~って考えているのである。
もうすでに、この曲が私の頭から離れなくなっているので~。。なははっ!

でも、自分を振り返ってみると、保育園のうちから楽器なんか使ったかなあ~???
せいぜい、カスタネットやタンバリンぐらいだったような気がする。
小学校では、ハーモニカとリコーダーだったし。
たまに音楽会で、木琴とか鉄琴をやったかな?・・・ぐらいの記憶しかない。
メロディオンは、今後、小学校でもやると聞いているけど、いつから変わったのかなあ~?

まあ、音楽や色んな楽器にふれることは、良いことだとは思うけどね。
私の場合、指が短くて、ピアノは途中で断念しちゃったけど、高校生になってギターを弾けるようになりたいと思い、軽音楽斑(フォークソング部)に入った時、ギターコードは、和音から成り立っているので、けっこう楽に覚えられた。(Cはドミソの和音・Amはラドミという感じ)

何でも色々とトライしておくと、のちのちになって役立つって事、大いにあると思う。
まあ、頑張りすぎて体調をくずさない程度に、楽しんでもらいたいと思ってますです♪
スポンサーサイト

theme : 保育園児日記
genre : 育児

世界の国々への興味

先日も話したが、オリンピックの影響により、世界の国の名前を知りたがるようになった、あやか姫。
国名を聞き出しては、カタカナで書き出したりしていた。
さてさて、何事も興味をもった時が、覚え時!というわけで、世界地図を買うことにした。
まずはネットで調べたら、ポスターとかの値段は、大体400円前後である。これだけを買うのも、送料とられるしなあ~と二の足を踏み、とりあえず、近くの本屋さんに行ってみることにした。
ちょうど、500円分の図書券があるしね~。

ところが、あいにく品切れで1枚もおいてない。
ネットで買うしかないか・・・と考えつつ、色々と絵本などを物色していたら、おっ!と思う物を発見!
それが、マグネットおべんきょうシール(世界地図)であった。

パズル形式になっているし、とりあえず初歩の遊び道具にはなるか~と、思って購入し、早速ふたりで遊んでみた。
ハワイなど細かいところはないし、国がたくさんあるアフリカも、ある程度の大きさに分かれているので、パズルとしては優しい感じかな。
あやか姫も「イギリスは~? ここかあ!」とか言いつつ、けっこう楽しんでトライしてました。

何を隠そう、この私、地理にはてんで疎い。高校の時は万年赤点だったし。(苦笑)
30歳の時に、海外に住んでみたい!と思い立ち、「地球の歩き方」の本を購入して、ワーキングホリデービザを取得したのはいいけれど・・・。恥をしのんで告白するが、この時までニュージーランドが、どこにあるか知らなかったくらい。オーストラリアの横だったなんて、出発する間際になってから知ったくらいだった。

そんなわけだから、まあ、この国はここだったのか~!と、今更ながら私にとって大変お勉強になりましたわ~。お次は日本地図かしら? こちらも、かな~り疎いもんで。。
子育ては、親育てってホント。(爆!)


theme : こどもと一緒に♪
genre : 育児

続:あやか姫のおえかき進化論

ここ最近、またまた、おえかき作品が増えたので、久々に
あやか画伯ギャラリー6歳児作品のページを更新した。
パソコンでサイトを見せた事があるので、自分でも上手に描けたものは「この絵も、パソコンに入れといて~。」と言ってくる。
そろそろサイト容量も40MBに近づいてきているので、ご注文に対して全ては答えられないのだが、私がその中で、ピックアップしたものは掲載しておいた。

ここのところ英語を習い始めた事もあり、「英語人の絵を描く」と言っては、描いてみせている。
もちろん、アルファベットのスペルなんぞ、まだまだ教わっていないから、カタカナでセリフを書いたりしている。あやかの言う「英語人」とは、英語を話す外国人のこと。
最初、日本人以外の人は、全て英語を話すと思っていたようだ。
オリンピック開催により、色んな国の名前がテレビから流れるのを聞いて、「かんこくってどこ?その国の人も、英語人?」と聞いてきた。
そこで、「韓国は韓国語を話すんだよ。英語でハロー、日本語でこんにちは、の場合、韓国では、アニョハセヨって言うんだよ。あとね、ありがとう、英語でサンキューは、カムサハムニダ」と、ちょっと知識をひけらかしたら、連日、色々と突っ込まれるハメになった。
「中国では何語? こんにちはって、どう言うの?」
「中国語。ニイハオ」
「フランスでは?」
「フランス語。ボンジュール・・・だったかな?(はやしっち知識、そろそろ怪しくなる・・。)」
「ドイツでは?」
「ドイツ語。グーテンタークのような気が・・・。(焦り始める、はやしっち。)」
「キューバでは? ブラジルでは? ロシアでは?」
「・・・・・。(わから~~~ん!!!)」

ネットサーフィンして、勉強しておかなくちゃ・・・。
知識のない母は大変ですう~。(^д^;)

英語人のイラスト幼児

theme : 保育園児日記
genre : 育児

あやか姫の発言の裏には?

以前から口達者ではあるが、ここ最近になって、本当に、口だけは一人前以上になったなと、苦笑する。先日も、こんな返答に困る会話がなされた。

唐突に「どうして、ママのお腹の中には、赤ちゃんが入っていないの?」と聞いてくる。
おそらくモモちゃんとプーの主人公であるモモちゃんに、アカネちゃんという妹が出来たから、自分も欲しいと言うわけだ。

で、「うちは貧乏だから、神様が、子どもは、あやちゃん一人にしなさいって言ったんだよ。だから、もう赤ちゃんは産まれないんだよ。」と、神様のせいにしてみたところ、こんな答えが返ってきた。
「貧乏って言っても、明日食べるパンがないってワケじゃないじゃん!」
「・・・・。」
イヤ、確かにその通りというか、でも、食べるパンに事欠いていたら、それこそ大変なんですがね。

「じゃあ、ネコや犬を飼いたいよ」と言う。
そこで「動物は、寿命が短いから、どうしても先に死んじゃうでしょ?マリオだって、ガリガリにやせちゃって、最後はとっても可哀想だったし、ママは死んでいく姿を見て、悲しい思いはしたくないから、飼いたくはないよ。あやちゃんだって、悲しかったでしょう?」と言ったら、
「あやちゃんは、マリオに何もしてあげられないのが悲しかった。だから、今度は違うネコの子を大事にしたい。」
「・・・・。」
う~ん、その考え方も一理あるし、気持ちは分からないではないのだがねえ・・・。

しかし、どこで、いつ、そんな立派なセリフを覚えるのだろう・・?と深~く考えてみたら、思い当たった。全ては、読み聞かせた絵本の中にあるのだ。

『明日食べるパンを買うお金もない』・・というのは、確かフランダースの犬
の一行にあるし、死にゆく動物に対して『何もしてあげられないのが悲しかった。』という言葉は、子ぎつねヘレンの10のおくりものの中に存在する。

それらを、そういうシーンで使えるって事は、その意味を理解しているって事だし、素晴らしいことだよね。やはり、絵本の読み聞かせは、確かに、子どものボキャブラリーを増やしてあげる事につながるんだと思う。
あと、何年続くかは分からないけれど、長く続けたい習慣だわ~。

theme : ママのひとりごと。
genre : 育児

読み聞かせた絵本&童話・その3

ここ2週間ほどで、読み聞かせた絵本と童話を紹介。

ちいさいモモちゃん

40年間も親しまれている童話で、東京のいとこが、子どもの頃から大好きだったから、ぜひ読んでみて!と、あやかのために贈ってくれた一冊。
モモちゃんが産まれて3歳ぐらいになる頃までが、15のお話として描かれている。
のっけから奇想天外な話が多くて、面白い。
語りかけ口調の文章だから、親しみやすいのも良い感じ。
たまに「もうせん」とかいう、ちょっと聞き慣れない言葉が出てくるので、すかさず「どういう意味?」と、突っ込まれるけど。(苦笑)
モモちゃんが産まれたときには、ジャガイモさんとニンジンさんとタマネギさんが、カレー粉の袋をしょって、お祝いに来る。
1歳になったら、もうオムツは卒業!ということで、ママは30枚もミシンで小さなパンツを作る。
と言ったような、色んなお話が続く。
全部、読み終えたところで、続きが欲しい!と、あやか姫に言われ、只今、モモちゃんとプーを読書中♪
6巻まであるので、全部揃わせられそうだ。

ちいさいおうち

東京のいとこが、オススメ!と贈ってくれた絵本。
自然がいっぱい満ちあふれた田舎に建てられた、1けんの丈夫で、小さなおうち。
ところが、都市化が進み、ちいさなおうちの回りは、徐々に変化してくる。大きな道路ができ、たくさんのガソリンスタンドや家が建ち並ぶ。電車も走り、地下鉄も通り、大きなビルが建ち並んで、大勢の人たちが忙しそうに行き来するようになる。
その頃はもう、そのちいさないえには住む人もなく・・。
主人公である、ちいさなおうちが、のどかな田舎の風景の中では幸せそうに、周囲がどんどんと都会化するうちには、何だか悲しそうに見えてくる。
あやかにも分かるのか「おうちが可哀想」と言っていた。
このまま、取り壊されてしまうのか・・・?と心配していたけれど、そのいえを建てた子孫が気づいて、また、のどかな田舎にお引っ越ししてもらう事ができ、ハッピーエンド。
都会化して便利になることが、果たして良いことなのかを考えさせられる一作である。

いいこってどんなこ?

ウサギのバニーぼうやが、「いいこって、どんな子なの?」と、おかあさんにたずねていくお話。
「なかないのが、よい子?」
「つよいのが、よい子?」
「おこりんぼじゃないのが、よい子?」
「バカなことしないのが、よい子?」
一つ一つの問いかけに、うさぎのお母さんは、優しく答えていくのだけど、読んでる私の方まで「よい子って、一体どんな子をさすのだろう?」と考えさせられた絵本だった。最後のお母さんの答えには、大いに納得したけれどね。

あいしてます

主人公である「あたし」という女の子が、バスに乗って、おばあちゃんとおじいちゃんの家に遊びに来た。それなのに、二人はケンカ中で、あまり口もきかない。どうしたら、二人を仲直りさせることが出来るのか、「あたし」は考えて行動に移した。
心が、ほんわか温かくなるような作品。

いまなんじ


時計の読み方の、お勉強になる絵本。
かえるえんみどりぐみの、カエルのお友達たちが、とけいのおじさんと一日を通じて、時間をお勉強していくお話。これは、寝る前の読み聞かせ用ではなく、昼間に読ませて、時計を見ながら遊び感覚で読んであげる方が良いかも知れない。

いちごとおひさま


何日も雨がつづき、お日様が出てきてくれない。お日様が出てこないと、赤くなれない緑色の赤ちゃんいちごたちは、思い切って、お日様に会いに行くというお話。
鳥に食べられそうになりながらも、ミツバチ達の助けも借りて、山の頂上まで、頑張っていく。そんな一生懸命な姿が可愛い作品。

theme : 絵本
genre : 育児

あっという間に8月なかば

8月2日のスタンプラリー&夕涼み会が何とか無事に終わり、やっと役員の仕事が一段落ついたと思ったのもつかの間、夏休みに突入した。
毎日、プールに連れて行けだの、ジャスコに行くだの、大変である。ホントお金がいくらあっても足りませぬ。(泣)
まあ保育園の場合は、夏休み中であっても、お弁当さえ持参していけば、あずかってもらえるので、助かっておりますが、来年以降を考えると恐ろしい。。(汗)

「うちは貧乏だから、そんなに毎日あそびに行けるほど、お金はないのよ~」と言っても、「あやちゃんの貯金箱に入ってるじゃん!」と反論。
「ディズニーランドで使ったでしょ」と言うと「その後も、お手伝いして貯めたよ!」と一向に引かないし・・。(苦笑)

それでなくても7月は、お祭りやらお誕生日やらが重なって、大きな出費だったしねえ~。
早く、パソコン入力が上手に出来るようになって、文字入力のアルバイトして欲しい・・と密かに思っている、はやしっちであった。

さて、話は変わりますが、公文のお話。
先週、お試しの英語の期間は、8月8日で終了するので、「来週からは、英語はやらないよ」と言ったら「何で?公文は続けるよ。」と一言。
「イヤ、公文をやめるって話じゃなくて、英語はやめて国語のみにするってことだよ。」と言っても「英語も国語もやるの!」とのこと。
やっぱりね。40日間のみじゃ、納得しないとは思ってましたよ。
ハイ、ハイ、そこは想定の範囲内でしたから、ひとつ生命保険を解約して、それを回すことにした。もともと、死亡のみにしか降りない保険で、友人が、さる保険会社にいたから入ったようなもの。友人がやめちゃった今となっては、特別に必要ないし、ここ10年間は、私も死なないだろうし・・。

ってなわけで、いつまで続くか分からないけれど、英語&国語を勉強する事になった、あやか姫。
興味があるうちは、そこそこ頑張ってみておくれ~♪

theme : ママのひとりごと。
genre : 育児

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。