07
1
3
4
5
6
8
9
10
12
13
14
15
16
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連休と家でのバースディーパーティー

3連休は、とても天気にめぐまれた暑い日だった。
まず、19日は、友人のAちゃんの家に遊びに行かせてもらった。
Aちゃんは、妊娠3ヶ月の時に、流産予防で入院したとき、同室だった一人である。出産日が近いせいもあって仲良くなり、年に数回ではあるが、子どもと一緒の時でも、お互いの都合が合ったときに親だけでも会って、おしゃべりしているのだ。もう7年目のつき合いである。

家は商店街の一角であるから、庭というものがない。なので、プールを作ってあげることが出来ない。
でもAちゃん家には、でっかいプールがあるので、この季節になると、良く「遊びにおいで~」と誘ってくれる。とても有りがたい♪
あやか姫は、Aちゃん家の子と3人で、プールやおままごとをして「色んな遊びができて楽しかった」と喜んでいた。
私とAちゃんも、今年は、子ども同士だけでも良く遊べるようになったので、以前よりは、大人同士で話も出来るようになってきた。

続いて20日は、のびのびになっていた、家でのお誕生日会を、ささやかながら行った。
プレゼントはというと、悩みに悩んだもので、今年はスーパーテレビパソコンに決定した。

去年は自転車がご希望だったのでスムーズに決まったけれど、さて、今年は何にしよう~?
あやか姫は、リカちゃん人形とかには興味がない。どっちかというと、お勉強関係のものか、音が鳴る楽器のような玩具が好きだ。
で、色々とソフトもあるし、ビーナにしようかな~?と思ったのだが、パンフレットの内容を見ると、少し幼すぎる感じがした。これが、4歳ぐらいの時だったら良かったとは思うけどね。

2歳の時に「アンパンマンのあいうえお教室」、3歳の時に「アンパンマンのパソコン」をもらったのだけれど、全て、制覇してしまった。
唯一、アンパンマンのパソコンに入っている、算数のお勉強問題での引き算だけをのぞいては。
(あやか姫は、やはり文系であって、算数は好きではないようだ。)
「アンパンマンのパソコン」に至っては、ひらがなが読めるようになってからは、説明書を自分で読んでは遊んでいたくらい。

それでは、そろそろ本格的(?)なパソコンを与えてもてはどうかと思い、スーパーテレビパソコンを購入したのだった。

さて、これが大正解!
玩具ながら、ワープロも出来るし、タイピング練習もあり、またウインドウズのペイントソフトのような、お絵かき機能もある。
ゲームはテニスとか23種類あり、他に学習ゲームも100ぐらいあって、こくご・さんすう・りか・しゃかい・ABCと5教科遊びながら学べるようになっていて、九九や百マス計算なんぞもあるから、かなり長く使えそうだ。

あやか姫が、まず気に入ったのは、ワープロとお絵かき、それと国語の学習ゲームである。
ワープロを使って、今まで覚えた漢字を変換しながら入力したり、手紙を書いたりして喜んでいた。
1回、遊び用のテニスゲームをやらせたが、うまく出来ず、負けたのが悔しくて「もう、やらない!」と怒り出す始末だった。(苦笑)

実は我が家には、ゲーム機というものがない。
いや、おっちゃん(私の兄)は持っているのだけれど、レーシングカーとかゾンビが出てくるリアルなゲームしかないので、あやか姫もやろうとはしない。
だから、当然ゲームのやり方が分からないのだ。実際、私もやってみたけれど、あまり上手には出来なかった。私も興味がないからね~。(苦笑)

ゲームセンターとかに行くと、けっこう、あやかぐらいの年の子でも、たくさんのカードを持ってカードゲームに夢中になっている子もいる。
でも、あやか姫は興味がないようで、もっぱら、ボールプールとか汽車に乗る程度ですんでいる。
お金があんまりかからないから、助かってはいるけどね♪

今回のお誕生会は、おっちゃんが仕事で都合があわず、3人だけのパーティーだったが、ケーキのろうそくを吹き消して「おめでとう~♪」と拍手をすると、満面の笑みを浮かべた、あやか姫。
そして、おばあちゃんが「おばあちゃんのところに来てくれて、ありがとうね」私が「ママの元に産まれてきてくれて、ありがとうね」と言ったら、「嬉しくて、涙でそうだよお~」と言っていた。
そして「あやちゃんね、お空の上から、ママとおばあちゃん見つけてね。会いたくなって、そして、ママのお腹の中に飛び込んだんだよ。」と言った。

やっぱり、子どもは親を選んで産まれてくるという説を、信じたくなる一言だった♪
10年後も20年後も「ママのところに産まれてきて良かった」と思ってくれるように、大事に育んでいきたいな~と心から思う♪


スポンサーサイト

theme : 保育園児日記
genre : 育児

行事が目白押しの7月

今月は、保育園の行事が目白押しである。

まず4日に役員総会があり、8月2日の保護者主催の出し物についての話し合いがあった。
ついで、11・12日とお泊まり保育。11日はお見送りをしてから、半日、クラス会長だけの役員会を開いた。
そして、本日18日は、お誕生会だった。
未満児クラスから年長さんまで、7月に産まれた子、全員に対してのお誕生会で、保護者も、もちろん出席できる。
こればっかりは、もう最後の年だし、はずせない行事ではあるけれど、未満児クラスから数えると4回目になる。
今年も、去年同様、ばいきんまんのお面をかぶって登場した。
未満児・年少までは「アンパンマン」を選んだのだけどね。
年中からは「ばいきんまん」ファンになったらしい。何故かというと、ばいきんまんの方が、色んなメカを作れるし、頭が良いから・・なんだそうな。(苦笑)

一番、最初の未満児の時は「あやかです。3歳になりました。」という挨拶に「しっかりしてきたなあ・・・。」とウルウル状態だったけれど、もはや4回目ともなると、そうそう感動もない。
でも、あやか姫の、ウキウキした嬉しそうな顔を見ていると、やはり何をおいても、出席しなくちゃね♪と思う行事のひとつだった。他の親御さんも、やっぱり同様だろうな。

さてさて、来週も、また行事が続く。
23日は「プール参観日」で、午前中に終わるのだが、この後、参加できるママさん達だけでのランチ会がある。これは、私が計画したものだ。子ども達は、ずっと生活も遊びも共にしているけれど、保護者は仕事持ちが多いから、普段、顔を合わせて話をする機会が、なかなか取れない。
今後、小学校も一緒になる子が多いだろうし、一度くらいは子ども抜きで、ゆっくり話したいなと思って企画した。

続いて26日の土曜日は、近所でお祭りがあるのだけれど、ここで年長クラスの子だけだが、園児の御神輿ねりも披露することになっている。
これは、去年まではなかったが、今年初めて行う事になった行事だ。
保育園側で、地域に貢献したいという要望があり、また商店街の方でも年々子どもが少なくなってきているので、大歓迎!ということで決定した。
当然、クラス会長である私は、先月末に行われた話し合いに参加したし、当日も、引率を手伝うことになっている。

そして、次の週の8月2日は、保護者会の出し物と、園の行事である夕涼み会が行われることになっているからして、ホント、その準備とかもあり、何かと慌ただしい毎日だ。
それすぎは、やっと運動会まで、行事はなくなるけれど、あっという間に夏休みに突入する。

とにかく、私もあやか姫も、体調をくずさずに、切り抜けられることを祈るのみですわ~♪
毎日、暑くて、しんどいけどね~。
ファイト! 中年ママはやしっち!

theme : 保育園児日記
genre : 育児

マリオのお葬式

12日の午前11時30分、保育園に迎えに行った。
もう、みんな戻ってきていて、元気良く「ただいま~!」と、それぞれの親元に飛び込んでいった。
あやか姫も同じで、「あれをやった、これが楽しかった」と、満面の笑みで、たくさんの出来事を話してくれた。
さて、しかしながら「マリオ」の一件も話さねばならない。
「悲しい、お知らせがあります。」と言って、マリオの遺体と会わせた。
とたんに「何で死んじゃったのお~!」と号泣し出した、あやか姫。
何とも言えない思いが、私をつつむ。
でも、泣いてばかりもいられない。

「もうマリオはね、お年だったから仕方ないんだよ。でもね、あやちゃんが、お泊まり保育に行った夜に、お星さまになったんだ。それは、きっと、あやちゃんがケガしないように、空から見守るつもりで、行ったんだってママは思っている。
動物でも人間でもそうだけれど、あんまり泣いてばかりいるとね、困っちゃうんだよ。だからね、死んじゃったものに対しては、その思い出話を、たくさんしてあげるといいんだって。
後で、お墓にいけるときに、色々と話しかけてあげようね。」

そして、おばあちゃんと3人で、お墓にいけた。
ちょうど、あやかが「マリオにおみやげ」と、アカツメクサなどの花をつんで帰ってきてたから、それも一緒に埋めてあげた。

その夜、あやかは「マリオのお葬式」と題して、1枚の絵を描いた。
(実際に亡くなったのは11日だけど、あやかが直面したのは12日なので、この日付になっている)
そしてポツンと言った。
「あやちゃん家は5人家族だったのに、4人家族になっちゃった。また、5人家族になりたい」と。

おばあちゃんは、おばあちゃんで
「日に日に年取って弱っていく姿が、自分と重なって見えて、とてもイヤだった。私が生きているうちは、もうネコでも犬でも、動物は飼いたくない。」

どちらの気持ちも分かるから、何とも言えない、はやしっちであった。

マリオのお葬式の絵

theme : ママのひとりごと。
genre : 育児

淋しくて、悲しい夜

今日は、あやか達年長組の、最大のイベントとも言うべき、お泊まり保育の日だ。
先生と園児だけで、一泊と半日の小旅行。乗馬や花火など、盛りだくさんの内容で、ずっと前から楽しみにしていた。
「ママと離れて寝るけど、淋しくない?」と聞いても「先生とお友達と一緒だから大丈夫♪」と言っていた。
そして、今朝、意気揚々とバスに乗って嬉しそうに出かけていった。。
その後は、クラス会長だけの役員会があって、もろもろ忙しかったけれど、夜になるにつれて、私の方が、だんだんと淋しくなってきた。

お風呂に入ろうとして、あやか用のイスと洗面器も用意してしまう。
お風呂から上がったら上がったで、ふたつコップを用意して、麦茶をつんでしまう。。
無意識に、体にしみついた習慣がでちゃって、おばあちゃんに笑われた。

6年前の今日、産まれて、病院から戻ってきてからというもの、一日たりとも離れた事なんかなかったから、何だか、ぽっかりと穴が開いたようだ。

そして、ついさっき、18年生きたネコのマリオが、静かに息をひきとった。。(号泣)

ここ一週間、エサも食べず、日に日に弱っていき、もう老衰だから、いつ死んでもおかしくはない状態だったけれど、あやかの産まれた日、そして、あやかがいない時に旅だっていった。
あやかに、死に目を見せたくはなかったので、それは幸いだったけれど。
病気ひとつせず、長年生きぬいたマリオの生命力を、あやかにも、どうか与えてあげてねと、マリオにお願いした。

唯一、大好きなバレーボールが、イタリアに勝ったことだけが嬉しかったけれど、その嬉しさも、この淋しさと悲しみに、すぐさま、かき消されてしまった。

何だか、なが~い夜になりそうです。。

theme : ママのひとりごと。
genre : 育児

読み聞かせた絵本&童話・その2

ここ数日間で、読み聞かせた絵本と童話を紹介。

こぐまのくまくん

東京のいとこが、あやか姫のために買ってくれた童話。もらってから何回か読んでいる。
おちゃめな、こぐまのくまくんが登場する愉快なお話で、「くまくんと けがわのマント」など4話から成り立っている。1話が短いので、はじめてよむ童話としてはオススメかな。

私が良いなと思ったのは、「一・二・三」などの漢数字や、「木・子・月」など、小学校一年生で習う漢字にルビ(ふりがな)がついていないところ。
ちょうど、それらを習い始めた頃にもらったので、「あ! 木の漢字、見つけた!」とか言って喜んでいた。他の絵本や童話は、殆どルビ付きだからね。
漢字を覚えるには、ルビなしの方が効果的かも知れないな。


マドレーヌといぬ

パリに住む、12人の女の子と先生ミス・クラベルが登場するお話。やはり、いとこからもらい、何回か読んでいる。
ある日、日課の散歩に出かけたとき、一番小さいマドレーヌが川に落ちてしまう。それを、いぬが助け出し、そのいぬと学校で暮らすようになる。しかし、学校検査の日に見つかって、いぬは追い出されてしまう。

この、マドレーヌを助けた英雄というべきいぬを追い出すシーンでは、めちゃくちゃ「何で!追い出すの!」と毎回、怒っている、あやか姫。
初めて読んだとき、あやか姫は、シスターであるミス・クラベルが、12人の子のおかあさんだと思っていたようだ。どうして学校にベッドがあって寝泊まりしているのか、理解できなかった。
まあ、この地域では、そういうところはないので、ムリはないと思うのだが、「外国ではね。あやちゃんぐらいの子でも、ママ達と離れて、学校でずっと生活する場合もあるんだよ。」と説明しておいた。


おおきくなるっていうことは

おおきくなるっていうことは、どういうことなのか・・を説いた絵本。
この中で「おおきくなるっていうことは、たかいところから、とびおりられるってこと」というシーンがあって、高い木から飛び降りるイラストがあるのだが、「こういうことしちゃ、危ないから、いけないんだよねえ~}と、すかさず言っていた。

確かにそうだね。(苦笑)
でも、次のページに「それもそうだけど、とびおりても だいじょうぶかどうか、かんがえられるってことも おおきくなるっていうこと」というフォローがあり、男の子が木を伝って降りていくイラストがあるので、大丈夫♪


ほねほねくんサーカスにいく

きょうりゅうほねほねくんシリーズ第二弾。
主人公のだっくんが、海でお兄ちゃんと遊んでいたら、海の中から、ほねほねくんが出現!
一緒に遊んでいたら、第一作に登場したサーカス団が、またまたやってきて、ほねほねくんを見せ物にするために捕まえようとする。サーカス団に、しっぽのみとられてしまった、ほねほねくんは、取り返そうとサーカス小屋に殴り込み!
1作目同様、テンポが良くて面白い作品。


あしたのねこ

やせっぽっちで、しっぽも曲がっていて、がまがえるのような声で、一緒に産まれた兄弟の中では、一番ぶさいくな子ねこが、明日を見つめて懸命に生きようとする物語。
ある日、兄弟と共に、段ボール箱に入れられて捨てられてしまう子猫たち。次々と拾われていく兄弟の中で、やせっぽっちの子猫は、ひとりぼっちになってしまう。雨が降ってずぶぬれになり、行くあてもなく、困難な状況に追い込まれても「なあに、いいことがあるさ」と、いつだって前向きな気持ちをくずさない。

それは、母さんネコに言われたから。
「おまえは、みためは悪いけど、気持ちだけは、いつも明日を見ている。どんな目にあおうとも、その中にきっと良いことがあるから。それを見つけて幸せだって思うのよ。そうすれば、きっと幸せな明日がやってくるから」

ラストシーンでは、ドブに落ちそうになり、もうダメだと思いかけたとき、通りかかった人間がつまみあげて助けてくれた。だれかが自分を見ていてくれた。子猫にとっては、それでもう十分幸せだった。というところで終わっている。
誰かに拾われ飼われて幸せになったのか、野良猫のまま生きていくのか、この子猫のその後を想像せずにはいられない。こういう終わり方の本は、個人的に大好きだ。
あやかは子猫が可哀想だと、涙ぐんでいた。


おひさまパン

毎日、雪まじりの風がふきあれ、雨ばかりの日。町の動物たちは、お日様が出てくるのを心待ちにしている。
そんな中、パン屋のいぬが、おひさまパンを焼く。
そのパンを食べた町の動物たちは、こごえていた体もあたたかくなり、気分も上々。空に浮き上がって、踊ったり歌ったり。そこに本物のお日様が登場し、みんなでお日様にもパンを食べさせてあげるというお話。

イラストが素晴らしい。色んな動物たちの表情が、こと細かく描かれており、絵で十分楽しめる作品だと思った。あやかと「ここに、踊ってるワニさんがいるよ! お猿の親子が水浴びしてる。面白いね」と絵を見ながら色んな話題で、盛り上がった。


あかちゃんのゆりかご

産まれてくる赤ちゃんのために、家族でひとつのゆりかごを作り上げるといったお話。
お父さんが、木でゆりかごを作った。それを見たおじいちゃんは「よくできた、ゆりかごだけど、何かが足りないな。」と言って、ペンキを塗り、動物の絵を描く。
続いて、おばあちゃんが、お兄ちゃんが、お母さんが、ゆりかごに思いを込めて、足りないと思う物を足していく。
これだけ待ち望まれた赤ちゃんは、きっと幸せになるだろうと、ほのぼのとした気分になった作品。

theme : 絵本
genre : 育児

公文の面談日

先日、公文の面談日があった。
先生と話していると、時間のたつのも忘れしまうほど、私にとっては有意義な時間である。
また、今回、「あやちゃんは英語も興味があるみたいだから、公文の英語教材がどんなものなのか、お貸しするので是非、見てみて下さい。」と教材を貸してくれた。

実際、2ヶ月に1度の割合で、English Dayという無料で参加できる催しがあるのだが、あやか姫は、毎回、出席している。
殆どが小学校高学年の子ばかりなので、当然、レベルは高いのだが、分からないながらも真剣に話を聞き、絵本や紙芝居などを見せながら、先生が質問すると、積極的に「これだと思う」とか言って参加しているのだ。

他の公文教室では「公文は3つで1つ」と、国語・英語・算数3教科を、全てやらせようとする所もあるけれど、この先生の場合は違う。
「国語が順調に進んでいるから、もし良かったら、国語を少しお休みして、英語か算数をやらせてみるとか、色々と応用がきくので、気軽にリクエストしてくださいね。」と決して無理強いはしないのだ。

さてさて教材を見てみると・・・。う~ん、これは、あやか姫が気にいりそうな感じ。
とりあえず一番、レベルの低い教材を見せたら、やっぱり、食いついた。
たはは・・・。

7月は、特別学習の期間で、もちろん別料金だけれども、40日間を1サイクルとして、別教科をお試し勉強できるのである。

そこで「英語もやってみたい?」と聞くと、「やる!やる!やりたい!」というお返事。
「じゃあ、40日の間だけね。」という約束で申し込んだら、「やった~!」と大喜び。
・・・。
一体、誰に似たんだ? この勉強好きは???
私も、何でもトライしたがり屋なんだけれど、どちらかと言うと飽きっぽいし、ここまでの忍耐力はないぞ???

公文の良いところは、入会金がいらないのと、教材費がかからないところ。
実は、他の英語教室も、少し通わせてみた経験があるのだが、2~3歳児だったこともあるせいか、歌って踊ってばかりだった。
また、入会金が5000円で、会費は1ヶ月3回で5250円。また、その他に半年に1回、1万円近い教材費がかかる。
とてもじゃないけど長くは通わせられないし、当の本人は最初は楽しんでいたけれど、だんだん乗り気でなくなってきたから、これ幸いと、1年待たずしてやめたのだった。

公文の教材の場合は、絵本のような教材を見ながら、CDを聞き、一緒に復唱するというスタイル。
本好きの、あやかが気に入るのもムリはない。
まあ、当然、レベルが上がれば、絵本ではなく、国語同様の教材に変わっていくのだけれど、10回ぐらいじゃ、楽しいなと思い始めたところで終わりそうだな~。
と、なると・・・。(汗)
まあ、今の時点では、その先は考えないでおこう・・・。

★親子で楽しめる教材がいっぱい!くもんのこどものたから箱

theme : 早期教育・幼児教育
genre : 育児

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。