06
1
2
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み聞かせた絵本&童話・その1

他のママさんに、読み聞かせし絵本を記録しておくといいよ~と、すすめておきながら、やっぱり、毎日、日記に書き留めておくのは、私にとっては難しい・・。
と、いう事で、書けるときに、まとめて書くことにした。
さて、ここ1週間で読んだ絵本&童話は、下記の通りである。

くまの子ウーフ


公文の推薦図書の一つだったので購入してみた。
改訂版は、9話、収録されている。くまの子ウーフと、きつねのツネタのやりとりが面白い。
あやか姫は、「きつねのツネタは、いじわるだねえ~。」と怒ってたけど。

きょうりゅうほねほねくん


図書館で、以前、おばけのおはるさんという童話を借りて、読んであげたことがあった。
そしたら、その本の「あとがき」を自分で読んで、この著者の「きょうりゅうほねほねくんシリーズ」が読みたいと言い出した。
そこで、次に行ったときに借りたのだが、テンポが良くて、面白いお話。
あやか姫は、登場する大人達の身勝手さによって、きょうりゅうほねほねくんが、バラバラになってしまったシーンでは、涙ぐんでいた。
しばらく、このシリーズを借りることになるかもしれないな。

おばけのきもち


あらしのよるにで、おなじみの木村さんの作品。
あやちゃんが暗い夜道を歩いていたら、突然おばけが、トントンと背中をたたく。ビックリした、あやちゃんは大声をあげて逃げ、気を失ってしまう。
そこへ、あやちゃんの友人が、4人登場して、なぜ、おばけが現れたのか自分の意見を話すというストーリー。最終的に、本当のおばけの気持ちは書かれていない。
読者が考えるという設定になってて、なかなか興味深い。
「あやちゃんは、どの子の話が本当だと思う?」と聞いたり、私自身の意見を言ったりもでき、楽しかった。

おばけかぞくのいちにち


おばけの家族は、どんな1日を過ごしているか描いた作品。
人間の生活と、おばけの生活が同時に描かれている。
あやか姫は「おばけは、昼間ねないと、足がはえてきちゃうんだって~!」と驚いていた。

おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ


おばけのどろんどろんと、ほたる達との、ふれあいを描いた作品。
あやか姫は、最初、おばけの方が、ほたるをオバケだと思って怖がるシーンが面白かったという。
最後の、ほたるとの別れのシーンでは、「また逢えるといいね」と言っていた。

いのちは見えるよ


題名に惹かれて、私が選んで借りてきた本。
子どもの頃、病気にかかり、目が見えなくなってしまったルミさんが、赤ちゃんを産むことになり、お隣に住んでいるエリちゃん達との、助け合いやふれあいを描いた作品。
あやか姫は「陣痛って、そんなに痛いものなの?ママも、こうやって、あやちゃんを産んだの?」と真剣に質問してきた。

私は、帝王切開だったから、陣痛そのものは知らないんだけれど、術後の3日間は、相当痛かった。
なので「そうだよ。すごく痛いよ。でもね、みんな、そうなんだよ。お母さんになる人は、みんな、がんばって痛い思いを乗り越えて、赤ちゃんを産むの。そうやって産んだからこそ、あやちゃんは、ママにとって宝物なの。」と答えた。
それを聞いて、すごく嬉しそうな顔をした。

天気予報では、明日は雨。
また図書館行きになるかなあ~?
うちの近所の図書館の場合、1回に借りられるのは、5冊まで。どこも、そうなのだろうか?
7冊借りられると、1週間分になって、ちょうど良いのだけどね~。
スポンサーサイト

theme : 絵本
genre : 育児

絵本の読み聞かせの効果は?

先日、公文のお便りに「読み聞かせ」についての話が掲載されていた。
以下が、その抜粋である。

『読み聞かせの効果が、科学的に検証された』
「読み聞かせ」を聞いている、子どもの脳では、言葉を受け持つ左脳とともに、動物では天敵から逃げる(危険を回避する)時に働く、辺縁(へんえん)というところが、活発に働くようになる。
ここは、本能的な喜怒哀楽をつかさどる部分であり、「心の脳」とも呼ばれる部分なのだそうだ。
この部分に良い刺激をあたえれば、的確な判断力と豊かな感情が養われる・・・という効果があるのだそう。
幼児をもつお母さんには、記録がおすすめだそうだ。
読んだ本や、その時のお子さんの様子をメモしておくと、客観的に見守ることが、出来るようになるとのことだ。

そうか~、じゃあ、なるべく毎日、その夜、読んであげた本を、日記に書きとめておくのも一つの手だわね。仕事忙しいと、なまけちゃうそうだけど。(苦笑)

夜、寝る前の「読み聞かせ」は、2歳当時から1日もかかさず行っているけれど、やはり6歳近くなってくると、その話の感想が、多く聞けるようになってきた。
以前は「どうだった?」と聞くと「面白かった」とか「楽しかった」ぐらいだったのが、どういうところが良かったとか、主人公が、どうして、こう言ったのかとか、色々と出てくるようになった。

また悲しいお話を聞くと、ボロボロ泣くようにもなった。
ここ最近、あやか姫が号泣したのは、以下の3作品↓。

フランダースの犬


あなたをずっとずっとあいしてる


かわいそうなぞう


「フランダースの犬」は、最初、借りてきたDVDを見て号泣。
その後、この絵本が欲しいと言うので、買ってあげたら、またもや号泣。
「あなたをずっとあいしてる」は、4歳になったくらいに買ってあげた本で、最初は、私が読んで泣いてしまった絵本。当初、あやか姫はというと、とりたてて感情を表さなかったが、最近になって、また読んであげたら、号泣していた。
「かわいそうなぞう」は、先日、図書館に置いてあった大型絵本を読んで、二人して号泣した本である。(図書館で泣くなって!)
上野動物園で、こんな実話があったなんて知らなかった。
今度、上野動物園に行く機会があったなら、慰霊碑に手を合わせてきたい・・・そんな思いにかられた話だった。

絵本の読み聞かせは、あやか姫だけでなく、私の心まで豊かにしてくれる気がする。
まあ、そうそう何冊も買えないので、せいぜい、図書館へ通うことにしよう♪

theme : 早期教育・幼児教育
genre : 育児

年長組役員の仕事の割り振り

クラス会長となった今年は、けっこう色んな準備が必要になった。
運動会などの全員参加の行事については良いのだが、その他に、年長クラスだけの特別な行事が3つ増えることもあり、それらの行事について役員の割り振りをしなければならない。

最初の新行事は7月に行われる「お泊まり保育」の引率からなのだが、今年の役員さんは、殆ど仕事を持っているし、休みも平日だったり、土日だったりと色々なので、早めに決めておかないと支障が出てしまうおそれがある。

そこで、5月なかばに、園長先生と話をさせて頂き、日程とおおまかな仕事内容を聞いて書き出した。
その「役員の仕事内容について」の用紙を役員全員に渡して、5月30日に行われた親子遠足の解散後に、話し合って決めた。
早めに内容を理解してもらっていたせいか、割り振りはスムーズに決まった。

あくまで他の役員さんの希望優先で、私と副会長のKさんは残りものに回るようにした。
なぜなら「子どもの病気は急にやってくる」からである。
その時にピンチヒッターとして回れるようにしておかないと・・という考えからだ。

副会長のKさんは3人の子持ちだが、家にいるので連絡がとりやすく、また話しやすい。
なので、毎回相談することができて、とても助かっている♪

さて、これで一段落・・・と安堵していたのだが、先日、お迎えに行ったとき、年中クラスの役員ママさんから「ねえ、「謝恩会」の積み立て始めた~?」と聞かれた。
「積み立て? なんじゃそりゃ~???」と寝耳に水。
その年中クラスの役員ママさんは、上に子どもがいるので年長クラスの行事を経験済みなのである。
その時に詳しく聞きたかったのだが、あいにく雨降りだったので、立ち話をするわけにもいかず、「また今度ゆっくり話聞かせて~。」と言って別れた。

考えてみれば、うちの今年の役員の中で経験のあるママさんはいない。
ましてや「謝恩会」は、先生方の労をねぎらう会なのだから、先生に聞くわけにもいかない。
そこで、急きょ、同じクラスで上の子二人を卒園させたママさんに電話して、内容を詳しく聞かせてもらった。

毎年、そのクラスによって違うのだけれど、行う場所によっては、けっこうな金額がかかる。
3月の卒園時で一番物いりの時期なので、一度に払うのは大変だからという理由で、行事の時ごとに少しずつ集めて積み立てをしておいたクラスもあったのだと言う。
なるほどね~。

積み立てをする、しないにかかわらず、私のように「謝恩会」自体を知らないママさんも多いわけだから、早めに「これくらいかかります。」という通達は、年長クラス保護者全員に出しておいた方が無難だろうな。

なので、某ホテルに電話して金額を聞いたりして「見積もり金額」を計算した。去年の「謝恩会会計報告」の用紙も回してもらえたので、それが参考になって、とても助かった。そして「謝恩会について」の用紙を先週の金曜日、役員全員に渡しておいた。ちょうど、今週の土曜日に参観日があるので、その解散後に話し合う予定である。

やれやれ、何かとあるなあ~。
何も知らないって、ホント恐ろしいわ。(苦笑)
来年、いとこの子が年長組に進級するし、卒園する時には「年長組役員仕事マニュアル」でも作って渡しておいてあげようかなあ~と、思っている、はやしっちであった。

theme : 保育園児日記
genre : 育児

漢字の「訓読み」と「音読み」の由来について

さて、前回、説明に困っていた「訓読み」と「音読み」について、山ちゃん先生に質問をさせて頂いた。山ちゃん先生は、現役の小学校の先生で、メインサイト知育あそび&子育てわあるどの相互リンクで知り合った方。
山ちゃん先生のホームページというサイトを運営中です。)
とても丁寧に質問に答えてくださるので助かっている。
以下が、その説明。

『むかし、むかし、日本には文字というものがありませんでした。
でも、「やま」とか「かわ」という言葉はあって、今のみんなと同じように、おしゃべりはできました。

中国という国には文字がありました。
「山」は「サン」と読むようです。どうやら日本語では「やま」の意味です。
こうして中国の読み方(音読み)に、前からあった日本の読み方を付け加えました。
これが訓読みです。
訓読みというのは、古代日本人が苦心の末にたどり着いたかなりの荒技だったようです。

もし、中国語よりも先に英語に出会っていたのなら、catを「ねこ」と訓読みすることになったかもしれません。

こうして様々な読みが出来てしまったわけです。
中国では、漢字1つに対して、1つの読みしかないそうです。中国の小学生は漢字を3000字習うそうですが、読みは3000しかないのです。

日本では、漢字1つに対して、平均3つくらいの読みがあるのではないでしょうか。1~6年までで1006字×3=約3000。いい勝負でしょうか。
とにかく音訓を覚えるのは大変な事だと思います。』

なるほどね~。
普段、何気なく使っている言葉であるけれど、キチンとした由来があるわけだ。

それと、小学校の1年生で司会をまかされた子が、帰りの会の時に「がかり から 何か ありませんか?」と言ったことがあるとか。
「いきものがかり」「くばりがかり」「おてつだいがかり」となるので、「かかり」でなく「がかり」だと思っていたようだとのこと。

言われてみれば、確かにそうだよね。
「係」の場合は、名詞が上につくことが多くて、「かかり」より「がかり」と発音する機会が多いわけだから、間違えるのもムリはないと思う。

「せんたくき」と書くのに「せんたっき」と発音するのは、その方が便宜だからという説もあるから、それと似たような感じなのかな~?

う~ん、恐るべし「日本語」
あやかと共に、一から勉強していかなきゃねえ~。

theme : 早期教育・幼児教育
genre : 育児

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。