07
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ありがとう」の一言で

うちの娘の保育園では、先生が絵本や紙芝居を読んでくれた後に「ありがとうございました。」と園児に言わせるよう、しつけをおこなっている。
クリスマス会などの劇でも、終わった後、客席の私たちに向かって「みて下さって、ありがとうございました!」と全員でおじぎをしながら挨拶をしてくれる。
これは、みている私たちにとっては、とても心が和む良い習慣だと感じている。

毎晩の絵本の読み聞かせは1日もかかさずおこなっているのだが、2歳8ヶ月の時点で保育園に通うようになってから、この言葉を言うようになった。
最近は、あやか姫が読んでくれることも多いのだけど、その時は私の方が言うように心がけている。
もちろん絵本のときばかりでなく、あやか姫の方から率先して何かお手伝いをしてくれたら、私もおばあちゃんも言うようにしているので、あやかの口からも、何かしてもらったり洋服などを買ってもらった時にも自然と出てくる。
完全に生活習慣に密着している言葉である。

先日、公文教室に行ったときのこと。
その日、早く教材をこなしたあやかに対して、先生が絵本を1冊読んでくれたらしい。
その時に「ありがとうございました」と言ったようで、迎えに行った私に対して先生が「とても良いしつけをしてらっしゃるのね。ほんの一言なんだけれど言ってもらえると、もっと読んであげたい気分になるわね。」と感激してくださった。

「ありがとう」の一言で心と心が通じ合う。
私が中学生の頃、耳にした標語だけれど、本当にそうだな・・とつくづく思う。

これからもずっと、この感謝の言葉を素直に言える子に成長していって欲しい・・と思うママであった。

メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪
スポンサーサイト

theme : 日々のつぶやき
genre : 育児

私の仕事の概念

私の仕事は、在宅で出来るMacオペレーター。
本のさし絵風なイラストから、数学問題集の図形やグラフなどジャンルは幅広い。
他社の依頼でHPやチラシ・ハンカチなどのデザインも引き受けるけれど、昔に勤めていた会社からのトレース図版が大半を占める。
私の生活費のための大切な仕事である。

きつい納期で突然やってくる場合が殆どなのだが、働いていた経験から、その苦労は身にしみてよく分かる。なので最大限お手伝いできるように努力はしている。
まずは原稿を送ってもらって、大体1日にどのくらいの数量がこなせるか計算をする。
1日に5点くらいしか出来ないものもあれば、40点~50点くらいはこなせるものもある。
もちろん全て違う形なので、おおよその検討ではあるのだが、いつまでの納期であればこのくらいは出来る・・という返事をして引き受ける。
例えば1日に40点こなせて納期が5日後であったなら、200点引き受ける・・という具合だ。

それで、開始し始めるとHPやブログには一切かかわらず、仕事のみに没頭する。
思ったより早く進んで、1日のノルマである40点が昼間のうちに終わってしまったとしても、1点でも多く仕上げるように夜も続ける。ノルマが出来ているのだから、夜はHPにかかわっても良さそうなものなんだけど、そういった切換えができない性格なのだ。入ったのなら少しでも早くやり遂げなくちゃ・・という風に思って頑張ってしまうから、大概は納期より1日くらいは早く終わるのが常だ。

それもこれも、やはりあやか姫の事が一番念頭にあるからだ。
子どもの病気は突然やってくる。昼間は元気一杯だったのに夜中に突然苦しみだして病院へ・・という緊急事態だって起こりうる。
そういった時に「子どもが病気だったから納期には間に合いませんでした。」という理由はビジネスの上では通用しない。
引き受けた以上「責任」の名において、やり遂げるのが仕事であり、それが当たり前の事だと思っている。なので、前倒し・前倒しで仕事をこなしておくと、いざという時に支障を最小限におさえることができるというわけだ。

世間には様々な会社があり、とても丁寧で迅速な対応をする会社もあれば、ある程度名の通った企業なのに、いいかげんな事を平気でする会社もある。
「明日には連絡致します。」と言っておいて10日もなしのつぶて・・だったりすると、その会社そのものに私は信頼を失う。
仕事に対しての責任感がまったく感じられない。これでは、どこぞの政治家と同じだ。
例え、相手が個人と大企業であったとしてもビジネスの上では対等のはずだと思うのだがね。

ちょっとしたトラブルがあって、今夜はかなり辛口のはやしっちでした。

メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

台風の次は地震!?

今日は、久しぶりにお天道様が顔を出した。
幸いなことに台風もそれたようで、私の住む地域は被害はなかった。しかし、7月に入ってからというもの、ずっとシトシト雨続きで、うっとうしい日が続いていた。
本当に久々に、お日様と出会えたような感じだった。

月曜日でおばあちゃんもお店が休みということで、車で20分くらいのところにある、あじさいの花が有名なお寺へ出かけた。ここは秋口になると萩の花も見頃になり、とても綺麗だ。

かなりの坂道で、けっこう登るのにはしんどい。
すると、そっとおばあちゃんの手をひくあやか姫。自然と家族に対する愛情がでる瞬間だ。
後でおばあちゃんは、嬉しくて涙が出そうだったと言っていた。
優しい子に育ちつつあることが、何より嬉しいママだった。

さて、その後は車で移動し、子どもの遊ぶ広場のある洋服店へ行き、あやか姫の夏物の服を買った。
そしてお昼を食べようとラーメン屋に入ったら、テレビで盛んに「地震のニュース」が流れていてビックリ! この地域でも震度4ぐらいあったらしい。

発生時間は午前10時10分過ぎで、ちょうどお寺から洋服店へ車で移動中の時間。
そのせいなのか、まったく気が付かなかった。。(@皿@)
家にいたら、かなり強く感じていたかもしれないけどね。

台風の次は地震・・・。本当に天災は、いつやってくるかわからないから怖い。
震度6にみまわれてしまった地域の被害がこれ以上拡大せずに、無事に復旧することを願っています。。

メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪

theme : 家族でお出かけ
genre : 育児

ハッピーバースデーあやか♪

11日は、あやか姫の誕生日。5歳になりました。
プレゼントは、私とおばあちゃんから自転車。おっちゃんから絵本。私の幼なじみのMちゃんから「ぬりえセット」をもらい、ゴキゲンのあやか姫。
ただ、ここのところ毎日が雨模様。
せっかく買ってもらった自転車には、まだ1回乗ったきり。
梅雨が明けたら、公園に乗りに行くと張り切っている。

月日のたつのは本当に早いものだ。
きっと、あっという間にランドセルを背負う日がやってくるのだろう。

5歳、おめでとう!
あやかが、ずっと、ずっと元気で、いっぱい遊んで、いっぱい勉強して、健やかに育っていけますように・・・。ママは頑張ってサポートするからね♪

ちなみに今月は私の誕生月でもある。
毎年のことだが7月は、何故か仕事と行事が重なって、てんてこ舞いの忙しさである。
「肩たたきとお花をプレゼントするね」と言ってくれたあやか姫。
その言葉だけで十分嬉しいよ♪ ありがとう!

メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪

theme : 日々のつぶやき
genre : 育児

七夕祭りの願い事

毎年、7月7日・8日は近所で「七夕祭り」が開催される。
そのときに、市内の保育園・幼稚園・小学校の園児や生徒たちが、短冊や飾りをつけた笹の木を、祭り会場内に展示することになっている。
あやか姫の保育園もしかり。先生が、各園児に願い事を聞いてまわり、短冊に書いて飾り付けるのだ。

さて、今年のあやか姫の願い事はと言うと・・・。↓

七夕の短冊おねがいごと


!Σ( ゜皿 ゜) ナント!

「にのみやきんじろう みたいに なりたい」とな????

うちには100円ショップで買った日本の童謡傑作集というCDがあって、車の中でよく聞いている。
その中に「二宮金次郎」の歌もあり、「にのみやきんじろうって誰?どんな人なの?」と聞かれたことがある。
そのとき「おうちのお手伝いをたっくさんして、それから、お勉強もいっぱいして、偉くなった、とってもりっぱな人なんだよ~。あやちゃんにも二宮金次郎みたいになって欲しいな~」となにげなく言っていたのだ。

後日談だが、保育園の先生が「あやちゃんは、どんな願い事かくの?」と聞いたとき「にのみやきんじろうになりたい!」と即答だったそうで、驚いたらしい。
そりゃそうだ。
日本広しといえど、そんな事いう4歳児は、あやか姫ぐらいだろうて。
ちなみに去年は「プリキュアになりたい」で一昨年は「アンパンマンになりたい」だった。
えらい出世だな。
さてさて、ホントになれるかどうか疑問だが、頑張ってもらいたいものだね。

めざせ! 女版二宮金次郎!


「二宮金次郎」歌詞

柴刈り繩ない 草鞋(わらじ)をつくり
親の手を助け(すけ) 弟(おとと)を世話し
兄弟仲よく 孝行つくす
手本は二宮金次郎

骨身(ほねみ)を惜まず 仕事をはげみ
夜なべ済まして 手習読書
せわしい中にも 撓まず(たゆまず)学ぶ
手本は二宮金次郎

家業大事に 費(ついえ)をはぶき
少しの物をも 粗末にせずに
遂には(ついには)身を立て 人をもすくう
手本は二宮金次郎

メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪

theme : 保育園児日記
genre : 育児

祖父母参観日

7月7日の土曜日は祖父母参観の日だった。
去年は、おっちゃん(私の兄)のカテーテル手術に重なり行けなかったので、当日あやか姫は休ませた。一人だけ来ない・・となると張り合い悪いだろうしね。

さて、今年はというと、私が仕事をしながら店番をし、おばあちゃんは、いそいそと出かけていった。
やはり、殆どの祖父母の人が来ていたと言う。
おばあちゃんが来ているというので、張り切ってお遊戯やらお片づけやらをする、あやか姫。見ていて張り合いが良かったそうだ。

最初、あやかのそばに行き、自己紹介をさせられたらしいのだが、その時に、おばあちゃんは堂々と言ってのけた。

「あやかの母です!」

・・・。(*°ρ°)

保育園児の子をもつ、74歳の母親がどこにいる・・。


メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪

theme : 保育園児日記
genre : 育児

身に付いてきた筆圧

ここのところ仕事とサイト以外の制作に追われ、まったく更新が滞っている状態。少し時間がとれたので、久々にあやか姫ギャラリーを更新した。

公文に通い始めて1ヶ月になるが、かなり筆圧がついてきたようで、そのおかげなのか絵を描くのも上達してきているようだ。
以前は何を描いてもアンパンマンか、かびるんるんもどきだったのだけれどね。
「何を描いて欲しい~?」とリクエストもしてくる。
てんとう虫やお花、果物などをリクエストすると自信満々で描くけれど「かまきり」「アメンボ」など、自分があまり見たことないようなものを言うと「そんなもん描けない!」と怒り出す。(苦笑)

宿題も「やるべきこと」と思っているようで、毎日の日課となりつつある。
今のうちから生活習慣として身に付けば、小学校に行っても、自らやるようになるかもしれないなと思う。
ただ「正しい鉛筆の持ち方」はキチンと身に付いていない。
公文の先生に言わせると、指の力がまだまだなので仕方のないことだと言う。どうしても力の入りやすい持ち方になってしまうそうだ。
でも、書くことへの興味を失わせることにもなりかねないので、今の段階ではしつこく直そうとしない方が良いと言っていた。
なので、その件に関しては何も言わず「今日もキチンと宿題、出来たね~。だんだん上手になるね」で締めくくる。
本人が楽しんでやっていることが何よりだものね♪

私自身も、あや姫に負けないくらい勉強しなくっちゃ~!

幼児のおえかきテントウムシ


★親子で楽しめる教材がいっぱい!くもんのこどものたから箱


メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪

theme : 早期教育・幼児教育
genre : 育児

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。