06
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公文教室の個人面談

今日は朝から、公文教室の個人面談があったので行って来た。
今後、どのような教材を使っていくのかとか、現在のあやかのレベルなど、色々と話してくれた。
グラフの線を見ると、レベル的には中の上といったところかな?
まあ、始めて1ヶ月もたってないわけだし、それでこのレベルなら良い方かな?と思う。
今日、保育園から帰ってきたら、うんと誉めてあげよう。

先生の話では、あやか姫は精神的に大人であり、このままの調子でいけば、グンとのびていくだろうとのこと。
人前では優等生・・という性格が幸いしてるのかもね。(苦笑)

「家じゃあ、ワガママ言ったりすごいんだよ~。」って、同じ保育園の友人ママ達に言っても信じてくれないしなあ・・。
公文の先生は、「その方が“世渡り上手”になるからいいんじゃない?」と言ってくれるけどね。
まあね~、外でストレス発散して乱暴になられたりするよか、家で発散してもらった方がいいとは思うけど。子どもだってストレスたまるし、どこかで発散させてあげなきゃね。

今のところ、本人も喜んで通っている。
「今日は火曜日だね。火曜日は何の日?」と聞くと「くもんの日~!」と嬉しそうに言う。
保育園に迎えに行くと、天気の良い日は必ず、園門の前にある遊戯道具で少し遊んでから帰るのだが、その日は、まっすぐに帰ろうとする。

火・金の週2回で、その日に必ず宿題が出る。
でも、私は「宿題やっちゃいなさい」とは決して言わない。
「今日も宿題出てるけど、どうする~?」と聞く。すると大概は「今からやる!」と答える。
もちろん日によって、途中で飽きちゃう場合もあるけれど、無理に全部やれとも言わない。
「じゃあ、ここまでにして残りは明日、保育園から帰ってきたらやろうか。」と言って片づけさせる。
で、次の日「昨日さあ、宿題を明日やるって言ってたけど、どうする?」と聞いてみることにしている。これでクリア。

最後に「全部できたね~。すごいね!どんどんと、やるのが早くなるね~。」という一言も忘れない。
と言うか、自然と、こういった誉め言葉がでちゃうんだよね。
親バカかもしれないが、何かね、生まれたての頃を思い出すと、たった4~5年で、ここまで成長したって事に対して素直に感動してしまうからだ。つくづく子どもの成長の速度って、すごいと思う。

「宿題やっちゃいなさい」と命令しないのは、親が押しつけてやらせるのではなくて、あくまで本人に自発的にやって欲しいからである。
「文字を読んだり、書くことが楽しい」という気持ちを持たせてあげて、それを維持する環境をつくってあげるのが一番・・・なんじゃないかな。

★親子で楽しめる教材がいっぱい!くもんのこどものたから箱


メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪
スポンサーサイト

theme : 幼児教室
genre : 育児

プール開きの日

今日は、保育園でプール開きが行われた。
園長先生のお話と、おはらいをした後、年少・年中・年長組が、それぞれ順番にプールに入るという催し物だ。親も見学できるようになっている。

実は、去年は行かなかった。7月にプール参観日があるのだし、平日だから殆どの親御さんは行かないだろうと思っていたからだ。
しかし、当日の夕方に迎えに行ったら、仁王立ちして「どうしてママ、来なかったの!」とめちゃめちゃ怒られてしまった。。

なので、今年は何をおいても行かなくっちゃ~!と気合いを入れて行って来た。
・・・暑かった。。
我が家は裏に川が流れていることもあって、とても涼しい、というか寒い家だ。半袖では、とても寒くていられない。なので長袖を着たまま、行ってしまったのが、そもそもの間違い。こんなに暑いとは思わなかったし~。

やはり来ているママさん達は少なかった。10人いたか?ぐらいだった。
それでも私の姿を見つけると、嬉しそうに、とびっきりの笑顔を見せる、あやか姫♪
まあ、この笑顔を見れたから、暑いのもガマンしたかいがあったというものかな~?

メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪

theme : 保育園児日記
genre : 育児

数字の読み方の起源と、ひらがなカタカナ文字の由来

以前に1から100までの数字の読み方表という記事で、現在における数字の読み方についての疑問点を書いたのだが、そのまま疑問で終わらせるのも何なので、これについて相互リンクで知り合った小学校の先生に質問をさせて頂いた。

まず、なぜゆえ、二通りの読み方があるのか?
これは、中国語の読みを元にしており、よくカタカナで読みを書かれるのが音読み、日本語独自の読み方を漢字に当てはめたものが訓読みであるのだという。
一二三四は中国では「イー アル サン スー」なので、四を「シ」と読むのは音読み。「よっつ」とか「よん」とか読むのが訓読み。
こんな風にして、とりあえずは中国語読みと日本語読みから、さらに色々な読み方が生まれていったのだと言うこと。

また、現代における数字の一般的な読みは「よん・なな・きゅう」の方であり、49…「よんじゅうきゅう」74…「ななじゅうよん」94…「きゅうじゅうよん」と読む子が殆どだそうだ。
それで、古典的な「し・しち・く」などの読みは消えてしまったのかというと、それは、かけ算九九の中で生きている。
45は、普通に読ませると「よんじゅうご」だけれど、九九の暗誦の場合は今でも 5×9=45 は「ごっくしじゅうご」と読ませている。これは、昔の読み方の方が「響きが良い」とか、「リズムがよい」などの理由で、現在にも残されているよい例だと思うとのこと。

なので、幼児の段階では「よん・なな・きゅう」の読み方を優先に教え、成長と共に「し・しち・く」の読み方を教えていった方が良いのかもしれないと私は感じた。

続いて、覚え始めたカタカナ文字という記事で書いたこと、つまり、子どもがカタカナの「ツ」と「シ」を読み間違える話をしたら、文字の生まれについて興味深い話もしてくれた。

きれいな字を書こう/ひらがなカタカナ一覧表のサイトさんによると、カタカナは漢字の一部をそのまま抜き出した形なので、「シ」のもとは「之」、「ツ」のもとは「川」である。
書き方を教えるときには裏技があり、「シ」は「し」のように、「ツ」は「つ」のように書く。
不思議と筆の運びはほとんど同じ。なぜかってそれは、ひらがなの「し」のもとも「之」ひらがなの「つ」のもとも「川」だからなのだと言う。
これが「あ」と「ア」では全然違うのは、「あ」→「安」「ア」→「阿」と、もとにする漢字が、まったく違うからなのだそうだ。

なるほど~、文字ひとつにしても、キチンとした由来があるという事なんだ~と感心した。

幼児って大人が「こういうものだ」と思っている常識の根本を聞いてくるので、なかなか質問に答えられない。当たり前のことを説明するというのは、ホント一番難しいことだと痛感している。
正直、あまりに質問攻めにあうと、「かんべんしてくれ~」と逃げ出したくなる時もある。
でも、おかげで私も勉強になることも多いわけだし、あやか姫の「何でどうして?攻撃」には、とことん付き合ってやろうとは思っている。
分からないときは、正直に「ママも分からないから、今度、勉強しておくね」と言うようにしている。

子育てをしていると、時として、自分が子ども時代をやり直しているような気分にさえなる。
「共に学ぶ」
この姿勢が大切なんだと思う。

メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪

theme : 早期教育・幼児教育
genre : 育児

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。