03
1
2
3
4
6
7
8
10
11
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タワーと上野動物園の日帰り旅行

お久しぶりの日記です。
3月半ばより、怒濤の仕事攻撃に追われて、まるっきりサイト更新ができずにいる、はやしっちでありまして。あやか姫も春休みだというのに、ずううっと、自由登園に出している有様。
でも、せっかくのお休み中、せめて1日ぐらいは、どこかに連れて行ってあげたい・・と密かに計画を練っていた。
で、何とか強引に29日でいったん仕事を終わらせ、昨日の30日を1日フリーにした。
(土日は交通機関も混むだろうから、避けたかったのよね~。)

さて、どこに連れて行こう・・・?と考えた挙げ句、東京に決定!
群馬サファリパークや富士急ハイランドも考えたけれど、実は、私は不整脈の持病を持っている。ずっと収まっていたものの、昨年の秋頃から再発して、現在、薬を服用中。
これがけっこう眠気を催す代物なので、長時間の車の運転は御法度というわけだ。
となると、新幹線やバス移動で、しかもあまり移動時間のかからない距離ということで「東京タワー」と「上野動物園」行きを決めたのだった。

昨日は朝から、すごい雨。
「これじゃあ、動物園は無理かな~?」と思ったが、出発する頃にはピタッと止んで、ほっと一息。
まずは、新幹線で東京駅まで行き、丸の内南口でバスに乗って「東京タワー」へ。
「あやちゃん、これが東京タワーだよ~。大きいでしょ、高いでしょう!」と私が言うと、
「うん、すごいね~。どうやって登るの?あやちゃん出来るかな~?」
・・・どうやら、よじ登るつもりでいるらしい・・。(それは、誰も出来ないって!)
大展望台までエレベーターで登ったのに「早く東京タワー、登ろうよ。」とまで言っているし。

パンフレットを見せて「今、ここまで登っているんだよ~。」と言ったら、一番てっぺんの先まで登りたいと言う。(それも、無理なんだってば~)
それでもグルグル回って景色をながめ、嬉しそうにしていた。

東京タワー

東京タワーでランチをすませて、またバスで東京駅に戻り、山手線で上野駅へ。
桜は満開。(うちの付近は、つぼみすら固いのにね)平日だというのに、上野公園はお花見客や親子連れで、あふれていた。
やっぱり「パンダ」は一番の人気者らしく、黒山の人だかりだったが、肝心のパンダは、おしりを向けて丸まってお昼寝中。顔すら見せてくれなかった。
迫力あったのは「ゾウ」や「カバ」や「ゴリラ」。あやかは、すっごく喜んで、はしゃいで騒いでいた。
ずっと歩きずくめで、お昼寝もしないのに、一向に疲れた気配を見せず、一緒に歩き回っていた。
私の方が、「ちょっと休もうよ~」とヘルプを出したくらい。

上野動物園

夕方になって、帰りの新幹線に乗るために、駅構内を歩いたときは、さすがに疲れたようで「抱っこ」をせがんだけどね。
新幹線の中でも寝なかった。隣の席のおじさんに話しかけて、ちょっかいを出していたし。
しっかし、タフだな~。私は帰りの新幹線の中では寝たかったのに~。

朝、8時20分に家を出て、帰ってきたのは、夜7時ちょっと前。
おばあちゃんや、おっちゃんに、今日の出来事を色々とお話しして「楽しかった」「また行きたい」「ママ大好き」を連発していた。

ママはどっぷり疲れたけれど、やっぱり連れて行ってあげて良かったよ~♪
さてさて今回、散財した分を取り戻すべく、また仕事に励もうかねえ~。ファイト~!

メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪(なかなか新作が作れず、ごめんなさい~。)


スポンサーサイト

theme : ちょっとおでかけ
genre : 育児

妖怪の人気ランキング

今日、たまたま仕事の息抜きに、ネットでニュースを見ていたら、興味深い記事があった。
それは、あやか姫の好きな「ゲゲゲのきたろう」に出てくる妖怪の人気ランキングの記事だった。
以下、その文面↓

『漫画家、水木しげるさんの出身地、鳥取県境港市の観光協会が主催した「第1回妖怪人気投票」の結果が17日に発表された。1位は446票で、飛行能力を使ってゲゲゲの鬼太郎を助ける「一反木綿」が選ばれた。2位「目玉おやじ」、3位「水木しげる先生」で、鬼太郎は4位、「ねずみ男」は6位だった。一反木綿を選んだ理由は「空飛ぶ姿がユニーク」「うすっぺらいのに厚い心をもっている」などが挙げられた。』

へ~!!!そうなんだ!てっきり、鬼太郎が一位だと思っていたのに、意外だったわあ~。
ちなみに私は、きたろうファン。まあ、どんなアニメでも大概、主人公を好きになるんだけどさ。
あやか姫は「ねこむすめ」で、おばあちゃんは「砂かけばばあ」なのである。

でも、一反木綿もけっこう好きよ。
「いったんもめん」は九州の妖怪だから、九州弁をしゃべる。
「全速力でいくばい~!きたろう、しっかり、つかまっとりんしゃい~!」ってな感じでね。布だから火には弱いけど・・・。

でも、水木しげる先生が妖怪だったとは・・オソレイリマシタ。(^д^;)

メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪

お風呂で数かぞえの続編

以前、お風呂で日本語&英語の数かぞえというタイトルで記事を書いたことがある。
毎日のことなので、自然と1から100まで、英語でも日本語でも言えるようになった。
その習慣はずっと続いているのだが、ここ最近になってバリエーションを変えてみた。
今までは、日本語ならずっと最後まで日本語で数えさせていたのだが、「いち、ワン、にい、ツー、さん、スリー・・・」という感じで、交互で数えるようにしたのだ。

もちろん100までだと、200数えることになっちゃうから「今日は1から30までね。」と区切りをつけて数えるようにしている。
一人で全部、交互に数えさせることもあるし、また、私が日本語を言って、その後に続いて英語で言わせることもある。
私「いち」
あやか「ワン」
私「にい」
あやか「ツー」・・・という感じね。

さて、この数かぞえ、私が日本語の場合ならともかく、英語の場合で、しかも早く数えられると、つられてしまうことがある。

あやか「じゅうに」
私「トエロブ」
あやか「じゅうさん」
私「サーティーン」
あやか「じゅうよん」
私「じゅうご・・・あれ?」

・・・・。ァハハ・・(^д^;)

この数かぞえは、あやか姫の勉強にはもちろんのこと、私のボケ防止にも一役かうかもしれない・・。

メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪

theme : 子育てのつぶやき
genre : 育児

メインサイトのトップページリニューアル

本日、メインサイト知育あそび&子育てわあるどのトップページを全面リニューアルしてみた。
レイアウト的にはそう変えてはいないんだけれど、フラッシュのアニメーションなどを撤去した。
理由はふたつ。
フラッシュで作った「あいさつアニメーション」は、とっても気に入っていたのだけれど、とにかくデータとしては重い・・・。
サーバ容量を考慮しながら、この先ぬりえ等の作品を増やしていくことを考えると、はずした方がいいかな?と思った。
また、最近は嬉しいことに、常連さんが増えてきている。初めて来てくれた人には、あのアニメーションはインパクトがあっていいかもしれないけれど、毎回トップページに戻るとすれば、少々うざいかな・・・って感じたのだった。

そんなわけでリニューアルオープンしましたが、今まで同様、気軽に遊びにきてやって下さいね~。
待ってま~す♪

theme : 育児日記
genre : 育児

文字を書くことへの興味

3月3日はひな祭りの日だった。
ので、私が作ったひなまつり塗り絵で遊ばせることにした。
ここ2ヶ月くらい前から、ぬりえはクレヨンを卒業して「クーピーペンシル」を使っている。そろそろ鉛筆を持つ練習をさせたいのだが、色鉛筆では、あやかの力では薄くしか塗れない。そこでクレヨンよりも鉛筆の形にちかい、クーピーペンシルを買い与えてみたのだった。
その作品がこれである。↓

ひな祭りぬりえ

相変わらず、ダイナミックと言おうか、お世辞にも上手に塗れてはいないのだが、それはさておき、注目してもらいたいのが、回りに書いてある「文字」らしき物体である。
ピンクで囲んだところに書いてある名前は、あやかの手に私の手を添えて、一緒にクーピーペンシルを持つ感じで書いた。
それを見て、真似をして書いたのがこの「あ・や・か」なのだ。
書き順は滅茶苦茶だったが、とりあえず、それらしき形になってきた。ようやく「文字を書く」ことに興味を示し始めたように思える。

それを見て、楽しく文字を書けるようにする遊びに関して、少しばかりひらめいたものがあった。今の仕事が終わったら作ってみようと思う。

メインサイト知育あそび&子育てわあるどもヨロシク~♪

theme : 早期教育・幼児教育
genre : 育児

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。