05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天ダウンロードを初めて経験

おばあちゃんが「かしこい女じゃないけれど」のカラオケが欲しいという。
んじゃCDでも購入したやるかと思いつつ検索してたら、楽天市場の総合ダウンロード販売サイト。を発見。

実は私、あんまり音楽に興味なくて。
CDとかって殆ど買わないし、音楽番組もドラマも見ない人間。
独身時代は、けっこう番組見たりして覚えたもんだけどさー。
大体今、テレビさえロクに見ない、というより時間がない。

なので、あやかとカラオケに行くと必然的に昔昔の歌ばかり歌うことになる。
私が歌うとすぐに覚えてしまうあやかはそれを学校で歌ってみせて、友達に「あやかちゃんって大人の歌良く知ってるんだね~。」と言われてるらしい。

先日も、十六茶CMの元歌知ってるよと「つっぱりハイスクールロックンロール」を歌ってみせたら、さっそく次の日に担任の先生の前でも披露。
…私がモトとんでもない不良だったって思われるじゃねーか。(汗)

実際、高校までは真面目だったぞ、美容学校に行って少し狂ったけどね。
(苦笑)

話がそれたので元に戻そう。

さてCDを購入しようと思ったら、取り寄せなので1週間はかかるらしい。
ちょっと急ぎで欲しいと言われてたんで、それじゃ、ダウンロードとやらを購入してみるかとチャレンジしてみた。
今までは古ーいパソコンだったからさ、そんなこと思いつきもしなかったわけで。

実際にやってみたら、意外とカンタン。
CD-Rに落とすのも時間かからずできたし、なーんだ、もっと早くからやってみれば良かったな。
楽天ポイント使えるし、今回の曲は105円で安かったし。

今度はあやかのために、マルモの曲やアニメソングでも買ってみようかな?





スポンサーサイト

theme : 小学生ママの日記
genre : 育児

さよなら、チェリーピンクのプリンター

突然ですが、愛用のプリンターが、とうとうご臨終となってしまいました。(泣)
思い起こせば、かれこれ10数年前。
MacG4を購入するつもりで、家電量販店にMacに詳しい友人と行った時のこと。
チェリーピンクの可愛いプリンターに一目惚れ♪
G4はそっちのけ、プリンターに合わせて、チェリーピンクのiMac・MO・スキャナー・外付けハードディスク、果てはコンセントまでカラーを統一して購入してしまったのでした。

それから現在に至ります。
iMacOSは9なのでバージョンが低すぎ、今の時代アクセスできないサイトも増え続け…。
でも、未だに現役で動いてくれます。
友人に言わせれば考えられないそうです。
そりゃそうでしょ、パソコンの世界で考えれば、このこは100歳をはるかに超えたご老体に匹敵しますから。化石ものです。

いつかは買い換えを考えなければいけないと思っておりました。
が、プリンターの方が先に逝くとはね、これはショックー。。
むろん、パソコンを買い換えれば、周辺機器も全て変えねばならないのは先刻承知でしたがね。

そ・れ・で。
すごーく悩みました。
Macを買うべきか、それともWindowsに変更するか。
そしてメリットとデメリットを比較し、どちらが今後のために得になるか考えて結論。
Windowsを買うことに。

今のWindowsOSってセブンなんだ。
私が知ってるのは、95・98辺りだし~。(苦笑)
プリンター&スキャナーも複合機になってて、安ーい。当時じゃ考えられないお値段。
iMac揃えた時は全部で30万円ぐらいかかったけど、今回は11万円。
MOも外付けハードディスクも必要ないしね。

月曜日に届くことになってます。
でも、その前に今日、イラストの原稿が届くんだった。
今回はかなり手強そう~。
でも、頑張って稼がにゃ~!

theme : ママのひとりごと。
genre : 育児

謹賀新年2011

明けましておめでとうございます。

今年も、ぼちぼち更新していこうと思います。

お付き合いの程、宜しくお願い致します。


年賀状2011



theme : ママのひとりごと。
genre : 育児

春をつげる鳥

4月の半ばだというのに、どっさり雪が降ったり、翌日は晴天だったり、嵐かと思うほど横なぐりの雨が降ったりと、毎日毎日コロコロと天候が変わる。

1日に10°ぐらい気温が変わったりもして、完全に春になるのはいつなの~?と、空に向かって叫びたくなる今日この頃。

そんな中で唯一、春を感じさせてくれる、それがウグイスの鳴き声である。

ここ1週間ばかり、毎日のように聞かせてくれる。

どうやら、うちの近所の大きな木に、住みついたようなのだ。

毎年、公園やらどこかしらで聞くことはあるんだけど、こんなに連日聞くことができるのは初めて。

うーん、癒されるなあ~。(^^)

いつまでいてくれるのだろうか。

一日でも長くいて、ほのぼのとした鳴き声を聞かせてほしいと切に願う。

絶対にぬすまれないものは

世界一、腕の良いどろぼうでも 絶対に ぬすめないものは なんだ?

それは、頭の中に入れた知識と 身に付けた技術だ

人間は いつも 幸せな時間を 過ごせるとは限らない

予期せぬ トラブルに 巻き込まれることだってあるし

どうして良いのかわからない 出口が見えない迷路に 迷い込むことだってある

真っ暗闇の谷底に 突き落とされたとき 

己の知識と技術を 最大限 活かせれば

また、日の当たる場所に 這い上がってくることだってできるだろう

毎日の日々の中で 少しずつ着実に力を身につけて 生き抜いていって欲しい

今の世の中 何が起きるか 誰にも 予測できないのだから…

がんばっていこう、あやか。

共にがんばっていこう みんなで。

がんばれ、子育て仲間たち。

がんばれ、私。

PS
今年1年間本当にあっと言う間でした。
振り返ってみて一番感じたことを、詩的に表現してみました。
みなさま、良いお年をお迎え下さいね。(^^)

theme : ママのひとりごと。
genre : 育児

ありがとう!50万アクセス突破

2009年10月11日(月)の時点で、
メインサイト知育あそび&子育てわあるどが、ついに50万アクセスを突破しました。

2005年1月より公開して、早4年と9ヶ月。

多くのママパパさんと、お子さんに親しんでいただいてきました。

ここずっと更新できずにいて何だか心苦しいのですけど、制作者としては嬉しい限りです♪

地道にコツコツ頑張っていこうと思ってますので、気軽に遊びに来てくださいね~!(^^)

theme : 幼児のあそび
genre : 育児

子育てを振り返る。

先日、週刊誌に子育てに関する記事が載っていた。
昔と今では、子育て理論に真逆な事が多くて、ギャップを感じるという内容だった。
例えば、一昔前は、赤ちゃんが泣いても、すぐに抱き上げると抱き癖がつくから、放っておくのが良いとされていたが、今はスキンシップ重視で、すぐに抱っこしてあげなければいけないとか。

また、うつぶせ寝が、首すわりなどの発達に良いという話だったが、今は乳幼児突然死症候群(SIDS)の要因になる可能性が高いからダメとか。

最近では、母乳育児が良いとされているあまり、母乳のみで育てなければいけないと思い込み、逆に栄養失調にさせてしまう場合もあると言う。
確かに免疫をつけるにおいて、初乳は与えた方が良いけれど、うちの場合は逆にミルクの方が太る可能性が高いから、ミルクを多く飲ませるように医者に勧められたクチだった。

「子育て」においては「絶対に、この方法じゃなきゃダメ!」というのは皆無だと思う。
絶対的マニュアルなんかは存在しないのだ。我が子を一番良く分かっているのは、他ならぬ親なのだからして、自分流の子育て論が、自身にとっては真実なのだと思う。

だけど、子育てには「悩み」「迷い」は、常につきまとうものだ。
私自身、我が子が小学校1年生になった今だって、色々と悩むこと、迷うことも多い。

自分の子育ての仕方を、振り返って考えてみると、自分が幼少時代、して欲しかったのに、してもらえなかった事、ここに大きく重点をおいているように感じる。
うちは共働きで母親も仕事仕事の毎日。絵本なんか一度も読み聞かせしてもらえなかったし、殆ど買ってももらえなかった。
だから出来るだけ、たくさんの絵本や童話を読んであげたいと考えて実践している。

それから進路についてもだが、私は漫画家に憧れ、デッサン力を勉強したくて、美大か美術の専門学校に行かせてもらいたかった。だけど、「美大など出ても、漫画家などになれる人間は、ごく僅か。美容師なら、美容学校を出れば誰でもなれる。」という親の言葉で、そんなものかと従った。
今は情報が簡単に手に入るから、自分で考え、行動にうつすことも出来ただろうが、当時は本当に何の情報もなかったし、社会を知らない十代にとっては、決めるべきすべがない。

もちろん、それを親のせいにはしたくないし、最終的には自身で選んだわけだし、成績も良くはなかったけど、社会人になって他にやりたい仕事があっても、学歴という点で面接すら受けられない。
それを考えると、やはり仕事の選択肢が広がるという点においては、学歴はつけてやりたいと思う。
幸いにして、学ぶことは好きなようなので、公文も頑張ってくれているが。

保育園児までは、あそびの延長として捉えていた勉強も、小学生となると、私自身の考え方が違ってきた。今の教科書自体が薄く、授業内容があまりにゆったりとしているので、いささか不安を感じるようになってきたのである。

そこで、公文と学校の宿題以外に、自分が作った、さんすうの問題などもやらせてみているのだが、これが過剰になりすぎていないだろうか?と、最近思ったりもする。

毎日、自宅での勉強時間は約1時間。
公文のある日は、公文で1時間、帰ってきてから1時間。
土・日も、午前中に1時間~2時間ほど、勉強をする日課となっている。

この時間を多いと捉えるか、少ないと捉えるかは、人それぞれだと思う。

今のところは、自らすすんでやっている日が多いけれど、たまに「やりたくない」と言う日もある。人間、気分がのらなければ大人だって何もやりたくないときもあるし、それは当たり前なんだけれど、こういった時の、あやかの心情と私の感情が一致しないとき、ついつい「やっちゃいなさい!」と命令口調で言ってしまう事もあるのだ。

そういう日の夜には、親のエゴ、単なる押しつけで、やらせてしまっているのではないか・・・と深く悩んでしまうんだよねえ~。
次の日に、また張り切って、机に向かう姿を見るとホッとするけど。。

何のために勉強するのか、まだ明確に捉えられない年齢なだけに、たくさん勉強すると私にほめてもらえるから、頑張っているという姿勢が見受けられるような気がする。
実際「どうして勉強しなきゃいけないの?」とは、今まで聞かれたことがない。
聞かれたら、どう答えるかは用意してあるのだけどね。

今のところ、本人は「学者になるために勉強する」と言ってはいるが、「学者」になった後は「お笑い芸人」になるとも言ってるし・・・。
ここらへんが、いかにも6歳児なんだけど~。(笑)

どこまで親の介入が必要で、どこから手を離していくべきか、そこが幼児期と違って微妙なところ。
その辺の見極めが非常に難しいと思う。

やっぱり子育ては奥深いわ~。

theme : 小学生の子育て♪
genre : 育児

おすすめサイト♪















プロフィール

はやしっち

Author:はやしっち
平成14年生まれ一人娘の育児真っ最中の中年ママです。楽しい子育てをモットーに日々奮闘中!
子育て日記と、自サイトの
知育あそび&子育てわあるどで紹介している、知育あそび素材アップの情報も発信中です♪
(写真は、幼少時代の自分と娘の合成写真です。)

カテゴリー

リンク

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。